自己紹介
お問い合わせはこちらからどうぞ!
eBay輸出相談掲示板

Instagram

■LINEスタンプ販売中

LINEスタンプ
『くろいしっぽのぱんだ』

ブログに登場しているしろぱんだのスタンプです。
かなり前に作っているのでくろぱんだはいませんw
→記事へはコチラ

■オススメ作業用BGM

オススメBGM
イチえもんは某レンタルショップで8年間働いていました。 その以前もアルバイトで3年間CDショップ店員をやっていましたので結構音楽は好きな方なのです。 もちろん音楽の趣味は人それぞれなので、イチえもんの勝手なオススメになります。
→コチラ記事から

■PC作業オススメ健康グッズ

オススメ健康グッズ
一番健康に悪いのは椅子に座り続けることです。eBay輸出でPC作業中心の仕事ですと肩こりや目の疲れなどに様々な健康被害に襲われます。 スポーツジムに通うのがベストですが、それが無理なら健康グッズでから!
→コチラ記事から

© eBay夫婦のマンガブログ〜輸出トラブル記 All rights reserved.

20177/24

オーストラリア郵便サイトで未着/遅延の調査請求を直接で出す。



オーストラリア宛のエアメール書留は追跡情報がこんな感じですよね?

410円も書留料金を払っているのに追跡もできない。。。

調査請求も回答までに時間がかかるし。。

そんな問題を少しでも緩和できそうな「オーストラリア郵便ホームページから直接で調査請求する方法」を発見しましたので今回、書き記しておこうと思います。

 

オーストラリア郵便の問題点

「荷物が届かない」ってバイヤーに苦情が来てから調査請求を出しても、回答までに基本2週間・遅いと1ヶ月はかかります。
(オーストラリアは調査請求の回答がかなり早い方ですが)

参考記事→eBay輸出で国際郵便の荷物が届かない時の対応 (2)調査依頼書の提出方法について

例えば上記の状況を知っている詐欺バイヤーだと、追跡情報が更新されないことを利用して「荷物が届かない」と言ってケースオープンしてくることがあります。

ケースオープンされると3営業日中に問題が解決しなければケースがエスカレートされeBayの裁決によって強制返金となります。エスカレートされた際に「荷物が到着の証拠」を提出できれば勝てます。

しかし調査請求を出しても回答取得までに基本2週間かかるので、どう考えてもeBayの裁決に間に合わない。

エスカレートされてこちらの負けが確定すると、かなりきつめのDefectsが付いてしまいます、

ので結果、諦めて「こちらから自主的に返金」することでケースをクローズすることになります。

しかし「こちらから自主的に返金」したので、返金後に調査請求の回答で荷物がケースオープンの時には到着していたことが発覚してもeBayとしては「あなたが自主的に返金したので知りませんよ」ということに

 

ふざけんじゃね〜

って思います、よね?

 

一応、詐欺案件としてeBayに報告できますが資金は返って来ません。

問題は追跡情報もない、調査請求にも時間がかかるってことです。

 

その調査請求の回答に時間がかかる問題を多少でも緩和できそうなの案として、オーストラリア郵便のページから直接で未着/遅延のクレームとして調査請求を出せることがわかりました。

今回の記事はアカウント作成から調査請求の提出までを書いておきます。

 

 

 

オーストラリア郵便ページでアカウント作成

まずインターネット上で調査請求を提出するにはオーストラリア郵便のアカウントを持つ必要があります。

その際に必要なのはメールアドレスのみです。(捨てアカでも大丈夫です)

 

こちらがオーストラリア郵便のページです→https://auspost.com.au/

もちろん全部英語ですね。

まず右上のLog inからPersonalをクリックします。

 

 

最下部のSign Upをクリックします。

 

 

First name last nameとメールアドレスとパスワードを設定します。

チェックボックスの1個目はチェック必須ですが、2個目はオーストラリア郵便からのの情報メールの選択項目なのでチェック無しでいいでしょう。

最後にSign Upボタンを押します。

 

 

完了画面になります。

設定のメールアドレスに確認メールを送信しました、ということですね。

早速、設定のメールアカウントを開いて確認しましょう。

 

 

このような文章のメールが来てると思いますのでActivate accountをクリックします。

 

 

上記の規約の同意画面になるのでAcceptをクリックすると、

下図のMy Postという自分のアカウントのマイページに移りこれでアカウント作成が完了です!

 

 

上記の全ての画像は2017年7月現在のものですので、将来的に仕様変更している可能性もあります。

またクリックする箇所によって登録の画面が違ったりしてきます。

しかし基本は「新規アカウントを作る」ってことで臨機応変に対応していただけたらと思います。

 

調査請求の提出方法

ここからが本番です。

まずマイページ画面から説明をスタートします。

マイページでTrack numberを入れてもエラーとされ反映されません。

そこは無視して、左下のHelp&supportをクリックします。

つまりいきなりカスタマーサポートにいくということです。

 

画面を少し下にスクロールするとContact usとあるのでそこでMissing item or Late itemを選択し、Continueをクリックします。

 

 

 

上の画面でTracking numberを入力。

[For this item, are you the] で、Senderを選択。

[Product or Service type]で、International Parcelsを選択。

[Select a product or service]で、Airmail under 2kgを選択。

最後の選択肢は、どれがいいのか迷いましたがAirmailを選択しました。今考えるとRegistered post internationalがよかったかもしれません。。もし個人的に違うと思う場合は他の選択肢を選んでください。

最後にContinueをクリックします。

 

 

 

[Phone number]で、自分の電話番号を入力しました。イチえもんとしてはこれは調査請求の回答でややこしいことがあった場合の連絡先という認識で「自分の」電話番号を入力しておきました。

[Addressee first/last name]で、宛先の氏名を入力します。

[Address as written on item]で、宛先住所を入力します。

[Return address on item]、入力なしでも大丈夫なのでしませんでした。ここを入力したら返送依頼として受け付けられるのでしょうか?ただ単に発送元の住所ということでしょうか?よくわかりません。

[Detailed description of Conetents]で、発送品の詳細を入力します。ここではかなり細かく記入しておきた方が探してもらうときに役に立つのではないでしょうか?

[Does this item include any optional extras?]で、Signature on Deliveryを選択しました。これも確信はありませんので自己責任でお願いします。イチえもんとしてはAirmail書留で発送しているので受け取り時にサインが必要のはず、なので選択しました。

[Do you have an Australia Post Business Credit Account?]で、Noを選択します。

最後にSubmitをクリックして完了です。

 

 

 

最後に受付完了画面になって終了です。調査請求の受付番号が発行されています。

メールアドレスにも同様の文面のメールが来ているはずです。

 

 

提出後の経過情報の確認

以後の経過状況はMy Supportページで確認できます。

このMy Supportページ、場所がわかりにくいので一応リンクを貼っておきます。

https://auspost.com.au/portal/#/case_management

 

 

 

調査結果の報告

調査結果報告が3日できました。

金曜の夜に調査請求を提出したので1営業日で回答があったことに。早あああい。

 

同様の報告メールも送信されていました。

7/12に荷物は届けています、との回答です。

文面を読むと「受領サイン/配達証」は日本郵便から調査請求書を出す必要があるようです。

 

この回答の早さから推測するに、オーストラリア郵便は追跡番号から配達記録をたどるシステムを普通に完備しているようですね。

多分、EMSなどの高額配送を押したいのでわざとサービスダウンしてネットに追跡情報をあげないでいるのではないでしょうか?

 

 

 

総評

今回の調査請求の回答でオーストラリアの詐欺バイヤーが「届いているのに届いていないふりをして返金を要求する詐欺」であることが明らかになりました。

あとはこの回答ページ/回答メールがeBayやPayPalのケースオープンで正式な配達証拠として有効なのかどうかですね。

今、PayPalとeBayに問い合わせをしており回答待ちです。回答あり次第で追記します。

 

もちろん「受領サイン/配達証」も日本郵便を通して請求しています。

この詐欺バイヤーとの戦いは今後に記事にしておこうと考えています。

その際にはこの文章の下にURLリンクを貼っておきます。

 

今まではオーストラリア宛の全ての荷物に対して14日経過すると調査請求を発送した郵便局に提出していましたが、今回の発見で調査請求を日本郵便を通して提出することもなくなりました。

カナダ郵便でも同様のことができないかを探ってみたのですが、ネット上で完結することなく全て電話番号が出て来て「Call us」になりダメですね。

 

 

それではまた〜

保存保存

関連記事

    • ayaya
    • 2017年 9月 09日

    こんにちは 良い情報を詳しく載せてくださり、ありがとうございます。大変助かります。
    一つ質問ですが、私は返金のチェックを受け取る為に待っているのですが 一週間経っても届かないのです。 追跡したいと思いますが tracking number や article ID がわかりません この場合 何もできないでしょうか? ご存知でありました 教えていただけますと助かります すいません

    • こんにちは、ayayaさん
      「返金のチェックを受け取るため」というのがよくわからないのですが、
      Tracking numberは発送伝票の控えに記載されていると思いますよ。

      もしayayaさんが「Tracking number無し」の発送方法で発送されているなら、残念ながら荷物の追跡、そして紛失や遅延の調査請求は基本的にできませんね。
      発送方法がどういったものかはわかりませんが、仮にAirmailであれば2週間かかる場合もあるので、まだチャンスはあると思いますよ。

    • ぴょん吉
    • 2017年 9月 13日

    初めまして。

    最近ebayで小規模に輸出を始めた者です。

    いちえもんさんのページには何度もお世話になっております。

    今回、私もオーストラリアの郵便局に直接調査依頼を出すべく、こちらのページを参考にさせていただきながら入力をしたのですが、最後のSubmitを何度押しても、

    Sorry. We are experiencing technical difficulties.
    Please try again.

    と来たもんです。
    ちょうどオーストラリアでは23:00頃でしたから、ネットのくせに営業時間あるんかい!ってツッコミたくなりました…。
    もう少し時間をおいてトライしてみますが、はてさて…うまくいくといいのですが。

    • 初めまして、ぴょん吉さん。
      こんばんわ。

      時間があったので今(同日PM11:45)私も少し気になっていたオーストラリア荷物の調査請求をしてみましたが、
      最後までいけました。

      ぴょん吉さんと1時間くらいの時間差があるのでなんとも言えませんが
      今現在は改善されてるか、もしくは何か入力漏れがあるかどちらかだと思いますよ。

        • ぴょん吉
        • 2017年 9月 14日

        おはようございます。
        早速の返信ありがとうございます。

        先ほど同じように入力してみましたら、いけました!

        あとは待つだけ…
        状況が少しでも早く動いてくれることを祈るだけです(^^;

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


20166/21

eBayで未着ケースをエスカレーションされた結果 (2)

こんにちはイチです。 前回のeBayでエスカレーションの記事の続きです。 前回記事→eBayで未着ケースをエ…

20161/10

eBay輸出にて有在庫と無在庫のどちらにすべきか?

今日は半年ぶりに事務所の机周りの模様替えをして気分一新しております。 さて、eBay輸出にて多くの方は始める際に迷…

20164/12

eBayで…追跡は「お届け済み」なのに「届いてない」と言われたら。その1

これは初めてのケースです。 今まで「追跡情報は途中で止まっていてお客様に商品が届いていない」というケースはありまし…

20163/9

LOHACO(ロハコ)を利用しています その1 〜ダンボールなどの購入に便利です〜

こんにちは、本日も出不精のレイがやってきました。 よろしくお願いします。 今日は海外へ送っている荷物のダンボール状態ともっぱらお世話…

航空便(SAL便/eパケット/EMS/ゆうパック等)でスピーカーが送れなくなっていました。

こんにちは、レイです。 先日集荷のお兄さんより聞いたのですが… 『スピーカー全般航空便で…

20173/20

郵便局員とのバトル! 国際郵便書留の調査請求〜賠償請求 (2)

前回に引き続き国際郵便のAIRMAILやSAL便の書留の調査請求と損害賠償請求についての郵便局員とのバトルについてです。 前回こちら→…

20174/3

eBay未着で返金後に到着した商品の代金未払いを回収した件

今回はeBay輸出での商品未着でケースオープンされ返金、 その後に商品が到着するもバイヤーが無視してるケースです。 &nbs…

20161/7

eBay複数購入で支払い完了のバイヤーの商品を同梱発送する時の送料差額

今日はeBay輸出をやっていると必ず出会う、同梱発送についてのうち複数の商品を購入されて支払いまでされている時に、同梱発送する際の送料差額の…

20172/1

eBayでケースをエスカレートされ、PayPalでもオープンケースされた件

今回は、お届け済みになっている商品についてケースオープンされ その後にエスカレート、その後にPayPalでオープンケースされて …

20172/8

カナダ宛の荷物の追跡番号は全く意味が無い。

こんにちは、レイです。 前々回辺りイチえもんも書いていましたが、 Canada Postがまじで酷い。  …

20163/1

やよいの青色申告オンライン その1 〜確定申告をしました編〜

こんにちは、今日はめずらしく絵を描いている方のレイが出てきました。 改めまして初めまして。 今日は弥生会計の…

World First (ワールドファースト)の利用画面と両替レート比較

今回は、World First (ワールドファースト) の実際の利用って どんな感じなのかってのを簡単に説明します…

ページ上部へ戻る