自己紹介
お問い合わせはこちらからどうぞ!
eBay輸出相談掲示板

Instagram

■LINEスタンプ販売中

LINEスタンプ
『くろいしっぽのぱんだ』

ブログに登場しているしろぱんだのスタンプです。
かなり前に作っているのでくろぱんだはいませんw
→記事へはコチラ

■オススメ作業用BGM

オススメBGM
イチえもんは某レンタルショップで8年間働いていました。 その以前もアルバイトで3年間CDショップ店員をやっていましたので結構音楽は好きな方なのです。 もちろん音楽の趣味は人それぞれなので、イチえもんの勝手なオススメになります。
→コチラ記事から

■PC作業オススメ健康グッズ

オススメ健康グッズ
一番健康に悪いのは椅子に座り続けることです。eBay輸出でPC作業中心の仕事ですと肩こりや目の疲れなどに様々な健康被害に襲われます。 スポーツジムに通うのがベストですが、それが無理なら健康グッズでから!
→コチラ記事から

© eBay夫婦のマンガブログ〜輸出トラブル記 All rights reserved.

VS.オーストラリアの詐欺バイヤー 調査請求回答書と受領サインについて


今回は前回記事の続きでオーストラリアの詐欺バイヤーとの戦い、
と調査請求に対する回答書た受領サインはケースオープン後の証拠書類として有効かどうかについて記事にしておきます。

前回記事→オーストラリア郵便サイトで未着/遅延の調査請求を直接で出す。

 

経緯と詳細

去年9月 : 1度目の詐欺

オーストラリアの詐欺バイヤーから発送から3週間後くらいに「商品を受け取っていない」との連絡があり、すぐにケースオープンされる。

この頃まだイチえもんはオーストラリア郵便のサイトから直接調査請求を出せることを知らず、日本郵便に調査請求を出すもケース中には回答書が間に合わないので「商品が届いたら必ず支払いして」ということでこちらから返金しクローズする。

その後、2週間程度で郵便局から荷物の調査請求の回答書が届き「ケースオープン時にはすでに商品は届いていた」とのことが発覚。

バイヤーに連絡するも返答一切なし。

どうしようもないので、この詐欺バイヤーのアカウントをブロック設定し、PayPalとeBayに詐欺被害を報告だけして終了。

 

 

去年12月 : 違うeBay IDで購入してくる

オーストラリアかつeBay IDが似ていた、購入商品が同じ系列のものであったので、相手の購入→支払後にイチえもんがたまたま気づき、名前と住所を前回の詐欺バイヤーと照らし合わせ同一人物ということが発覚

すぐにこちらから「バイヤー住所に問題あり」でキャンセルし被害はなし。

以前に詐欺をしてきたIDであることをeBayカスタマーサポートに連絡。

その後、バイヤーからは一切連絡などなし。

 

 

今回2017年7月 : 違うeBay ID、違うLast name、違う住所で購入してくる。

半年経っていたのと前回追い払ったのでもうこの詐欺バイヤーがくることはないだろう、と油断していた、プラスLast nameと住所も変えてきていたので全く気づかずに発送してしまいました。

発送から3週間経過したケースオープン可能日までもう少しの日に「届かない」と連絡してきた時、イチえもんとれぃさんは「あああああっ、、、あの詐欺バイヤーやあああ」と気づきました。

 

これはやばい、という状況で色々と探していて前回の記事の方法を発見したのでした。

前回記事→オーストラリア郵便サイトで未着/遅延の調査請求を直接で出す。

ここまでが状況の詳細です。

 

次は2017年7月の実際の詐欺バイヤーとのやり取りを記録しておきます。

 

 

 

詐欺バイヤーとの実際のやり取り

まず詐欺バイヤーが「届いていない」と言ってきた時に、こいつは間違いなく前の詐欺バイヤーと同一人物やな、と確信したのですが、相手を泳がすためにやり取り中には一切それには触れずにしております。

 

7/22

詐欺バイヤー : Jul-21-17 01:43
Hi I never received my item can I have a refund plz

 

イチえもん : Jul-21-17 02:08
Hi,
I am sorry but It is not day the estimated delivery day yet.
Please wait for a while.
And I will submit a formal survey request to Japan post office.
Thank you for cooperation.

 

(解説)

返金してくれ、って言ったきたのでEstimated delivery dayまで待ってくれ、調査請求を日本郵便に出すので。。と型通りで返答。

 

詐欺バイヤー :Jul-21-17 02:08
Just refund me now plz and I’ll leave positive feedback and if it arrives I’ll repay for the item

 

イチえもん:Jul-21-17 02:14
Sorry I can’t

 

詐欺バイヤー :Jul-21-17 02:17
Yes you can

 

(解説)

相手のあまりの強引さ、そして適当さに腹が立ちました。

イチえもんは「できない」と伝えてるので無視することにしました。

そうすると、下記のメッセージが。

 

詐欺バイヤー :Jul-21-17 02:43
I’ll wait till the 27th if it’s not here I want a full refund is that fair

 

イチえもん:Jul-21-17 03:18
Now I asked to eBay contact center about this case.
They told that you can open “item not received “case after eBay estimated delivery date.
Please open the case on that day.

 

詐欺バイヤー :Jul-21-17 03:26
I don’t know how to do that

 

イチえもん:Jul-21-17 03:52
You can ask to eBay contact center.
https://ocsnext.ebay.com/ocs/home

 

(解説)

7/27日まで待つので、その日になったら返金してくれ、と言ってきたので

こちらがeBayカスタマーサポートとやり取りしてる匂いを漂わせるためにeBayがいうには「あなたはケースオープンできる」と返答。*実際にはCSに連絡してません。

Case openについてもとぼけてきたので、自分で調べろと促しました。

 

この日のやり取りの間にオーストラリア郵便にネット上で直接で調査請求を出せる方法を発見して、もう調査請求を提出していました。が、まだ相手に手の内を見せるのもよくないかな、と触れずにいました。

前回記事→オーストラリア郵便サイトで未着/遅延の調査請求を直接で出す。

結局、その日は返答がもう来ず。


7/22

イチえもん : Jul-22-17 02:28
Hi,
Today I claimed directly Australia post for legal compensation due to their loss.
So Australia post office will start to legal survey the delivery of your package soon.
When they survey to your home in a few days, please testify that you have not received the package.
If you received the item, please let me know as soon as possible, I have to close that.

Unique Transaction ID 
#***************U
Legal Survey number 
12****43
Tracking number 
RR5*******8JP
Item type 
Airmail under 2kg
Addressee
c**g b****n
2 ******* ave 
raymond terrace NSW 2324 
AUSTRALIA
21/07/2017 In progress

Apart from that I also submitted inquiry to Japan Post yesterday.

 

詐欺バイヤー : Jul-22-17 02:50
I will do

 

(解説)

翌日、こちらからオーストラリア郵便に直接で調査請求を出したことを伝える。

詐欺バイヤーを焦らすために「郵便局の調査員があなたの家に調査に行きますのでよろしく」と伝えた。

そして調査の上に勝手に「Legal」って付けてみた、さらにPayPalのトランザクションナンバーが複雑で威圧感があったので、それっぽい感じで装飾的に付けてみた。

これを送ったら、この詐欺バイヤーはもう返信して来ないのでは?と思ってたがまた適当な返信がきた。

 

ここで重要な点としては、色々と仕掛けてきてめんどくさいセラーだなって詐欺バイヤーに思わすことです。

すんなりと返金に応じたりすると、相手は付け上がって返金詐欺を繰り返してくるはずなので注意です。

 

7/23

イチえもん :Jul-23-17 23:49
This is Australia post’s official answer.
“Your item was handed to Australia Post on the 11th and was delivered on the 12 of July 2017. The item was signed for by C B****n and if you require a proof of delivery, please contact Japan Post for more information.”
If you have not received the item, please contact to Australia post office.

 

(解説)

2日でオーストラリア郵便から回答があり、予想通り「配達済み」とのことだったので、上記のメッセージにオーストラリア郵便の回答ページのスクショを添付しておきました。

オーストラリア郵便は「配達済み」と正式に回答しているので、異議があるならオーストラリ郵便にしてねってことですね。

 

 

7/24

詐欺バイヤー :Jul-24-17 02:21
Ok will do tommorow

 

(解説)

正直、もう返答なくこのまま終わるかな、って思ってましたが律儀に返答してきましたね〜

 

 

7/26

詐欺バイヤー :Jul-26-17 18:01
Still not here

詐欺バイヤー :Jul-26-17 18:34
Don’t worry it’s here now thank you so much looks so awesome

 

(解説)

18:01のメッセージではまだ騙すつもりだったっぽいですね。

しかし、30分後には「届いた」とのメッセージ。

どう言った心境の変化なんでしょうか?

多分、最後に引っかかるか試してみたんでしょうね。。

とりあえず、もう最後のメッセージにも返答しないで無視しました。

詐欺バイヤーの受領サインが届いた

7/28、つまり受領サイン請求付きの調査請求を提出したのが7/24なのでたった4日で回答書と受領サインがオーストラリアより届きました。

まず、回答書はこちら。

まあ、当たり前ですがオーストラリア郵便にネットで直接聞いた時の回答と同じ日程で「お届け済み」になっているということです。

 

続いて受領サインに関してです。

受領サインは1度目に詐欺をしてきた時の名前でした。

これで前回の詐欺バイヤーと同一人物が確定しました。

多分ですが、この詐欺バイヤーは郵便局の配達の際に嘘の名前をとっさに思い出せないか書けなかったんでしょうね笑

 

もう詐欺バイヤーは「受け取った」と認めたので、この受領サインは使用することはありませんでした。

つまりeBayやPayPalのケースオープンされた際の証拠書類になり得るのかを試せませんでした。

なので、eBayカスタマーサポートとPayPalビジネスケアにこの書類は「配達の証拠として」有効なのか聞いてみました。

 

調査請求の回答書と受領サインはケースオープン時の配達の証拠として有効か?

eBayカスタマーサポート回答

eBayのカスタマーサポートはクズですが、今回も安定してクズ対応でした。

  • こちらが質問を送って、
  • それの担当者から返答がきて、
  • その返答に質問するとまた別の担当者が出てきて、
  • 以前のやり取りを読んでいないとしか思えない同じような回答をしてきて
  • 〜〜繰り返す感じ。

結局の回答としてはケースをエスカレートされてから書類調査の担当部署が状況に照らし合わせて検討するので、現時点でカスタマーサポートでは回答できない、とのことでした。

じゃあ、「郵便局の追跡情報の更新漏れ」の場合には、何が有効な証拠書類になるの?って聞いても、CS担当者はその意味を理解できず「トラッキングナンバーの追跡情報」を元に調査する、としか返答せず。

穴のあるバケツに水を汲み続ける不毛さに負けずに13回やり取りしましたが、ロクな回答がありませんでした。

 

PayPalビジネスケア回答

PayPalのビジネスケアも同じく「郵便局が追跡情報をネットにアップしない国」の配達証拠書類として「調査請求の回答書」と「受領サイン」が証拠書類として認めるのか?という質問に明確な回答を持っていませんでした。

「多分、この書類で大丈夫だと思う」とか

はっきり言って、適当過ぎ!

カナダやオーストラリアは実際に「郵便局が追跡情報をネットにアップしない国」です。

その国のトラブルに自分たちはどのように対応してるかの記録を持っていないのでしょうか?

サポートもケース担当部署に聞いてみた、とか言っていたが本当なのか疑わしい。。

適当にあしらわれたのかもしれません。

 

 

 

最後に

残念ながら「調査請求の回答書」と「受領サイン」がケースオープン時の証拠書類になるのかは確定できませんでした。

ただ、「調査請求の回答書」と「受領サイン」以上のものは日本郵便も出せないので、日本セラーが出せる書類はこれしかありません。

なので、これで勝てるのではないか?と思っています。

もし何かそれについて経験や知識のある方がいれば是非コメントください!

 

 

それではまた〜

保存保存

関連記事

    • うさ男
    • 2017年 8月 24日

    こんにちは!
    先月末にフランスの悪質バイヤーの件で相談させて頂いた者です^^

    それにしてもオーストラリアのバイヤー、図々しいですね!
    海外だから訴えることが出来ないことをいいように利用していますね。
    私は今のところここまで悪質なバイヤーには遭遇していませんが、用心していきたいです。

    ちなみに、こう言う考え方ってアリでしょうか?
    追跡あってもケース開かれれば負ける場合があるなら、無駄に争って時間や労力を費やすくらいなら、さっさと返金してしまう。
    eBay詐欺師御用達のカモリストがあったら、入りそうなのが心配ですが、追跡あっても敗北してDefect食らうという情報を見ると、争うだけ無駄な気さえしてきます^^;

    ところで、最近オークション形式で出品したものを20品ちかく落札したバイヤーがいます。トータル7万円になりますが、最後に落札された時間からすでに5日経過しており、1回支払いを催促してますが音沙汰ありません。このバイヤーはセラーとしてかなり経験があるようで3000のフィードバックがありTop Rated Sellerです。
    経験を楯に不利な結果にならないかちょっと不安です。
    「早めにお支払いお願いしますね。キャンセルしたいなら手続きしてくださいね」といった連絡もしてるんですけどね。
    そろそろケース開くか、キャンセルしちゃうか悩んでいますが、こっちからキャンセルして承諾してもらえないと無駄ですし、ケース開いて怒らせちゃうのも嫌なんですよね。
    ぶっちゃけ、面倒くさいのでキャンセル願い出て欲しいんですけどね。そのまま放置でFVFだけ支払うというのは高額なので避けたいです;_;

    • こんにちは、うさ男さん

      追跡情報で「お届け済み」になっていなければケースエスカレートされると負けるのでこちらが折れるしかありません。
      しかし追跡情報で「お届け済み=delivered」になっているアイテムは、バイヤーからケースエスカレートされても勝てるので返金してはダメですね。
      「お届け済み」になっているのにケースオープンしてくるような奴はその時点で悪質なので、そこで返金に応じると「何にでも返金に応じるカモ」と認識され。最悪の場合にカモリストに入れら、次々と詐欺バイヤーがやってくるかもしれません。
      なので、返金すれば確かに簡単に終わりますが、長い目で見れば戦うべき時に戦わないと、後々にめんどくさいことが起こってくるかもしれません。

      トータル7万円の売上の件は、うさ男さんがいつまで待つか確定し、バイヤーに「何月何日までに支払いがなければキャンセル手続きします」とメッセージを通告し、その日を過ぎたらopen unpaid item caseを開くのが通常の対応ですね。
      金額が多いので少し長めに待ったとしても、バイヤーから何のメッセージ返信もない状態では、待つのは1週間から10日が限度じゃないでしょうか?
      ちなみに私の場合だと通常は3日でunpaid caseを開きますね。それでトラブルになったことは今までにないです。
      「ケース開いて怒らせちゃうのも嫌」ってことですが、支払いもしない返信もないことで不利益を被っていて、それに対し正当な要求をしているだけで、相手が怒るかどうかを気にする必要はないと思いますよ。

    • うさ男
    • 2017年 8月 28日

    イチえもんさん。
    詳しくアドバイス頂きありがとうございます!!
    やっぱり、しっかり対応したうえでやむなく返金するべきなのですね。
    カモリスト入りはごめんですし、そこはしっかりやっておきたいとおもいます^^
    20品の商品ですが、openケースしたところすぐに支払ってくれました。
    取り越し苦労でした^^;
    1回の取引では私のなかで最も高額だったので、無事に届くことを願うばかりです。

    ところで、イチえもんさんは出品ツールなど使っていらっしゃいますか?
    eBay公式のFile Exchangeを使い始めましたが、それと別に有料ツールを1つだけ使ってみました。便利ですが、利益はそこまで大きくないので、ちょっと高いなあと感じています。

    • こんにちは。
      20品の商品、無事に支払いがされてよかったですね^ ^

      eBayの外部の出品ツールは一度も使用したことがありませんね。
      どこが便利なのかいまいち理解できないので。。
      一度ツールについて、きちんと調べて見たいと思います。

    • うさ男
    • 2017年 8月 28日

    こんにちは!
    ありがとうございます^^
    今後ともご教示のほどよろしくお願い致します!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


World First (ワールドファースト)の利用画面と両替レート比較

今回は、World First (ワールドファースト) の実際の利用って どんな感じなのかってのを簡単に説明します…

20172/1

eBayでケースをエスカレートされ、PayPalでもオープンケースされた件

今回は、お届け済みになっている商品についてケースオープンされ その後にエスカレート、その後にPayPalでオープンケースされて …

【2/23 訂正】World First (ワールドファースト)でPayPal送金すると手数料削減

※※※ 2/23訂正 ※※※ 今回のPaypal手数料アップに関して、こちらは『USAのみ』のお話でした。 日本は…

20168/16

米軍基地宛に荷物を送るにはAPO/FPO方式。〜日本国外の場合〜

こんにちは、先日実家に帰省して田舎と甥っ子姪っ子に満喫してきましたレイです。 なにあの可愛さ、卑怯よw さて今日…

eBay輸出で国際郵便の荷物が届かない時の対応 (3)郵便物の紛失時の「賠償請求」について

前回は国際郵便のAIRMAIL書留/eパケット,SAL便書留、,EMSなどの追跡情報が更新されない時などに提出する調査請求書についてお話しし…

20175/29

BigCommerce(ビッグコマース)で輸出ネットショップを作ってみて

イチえもんはBigCommerceで自社サイトを作って1年になりました。 今回はBigCommerce(ビッグコマース) で独自ド…

20165/25

メキシコ宛の郵便の到着が遅すぎる。 その2

*目次* メキシコ宛の郵便の到着が遅すぎる。 その1 メキシコ宛の郵便の到着が遅すぎる。 その2 …

20166/21

eBayで未着ケースをエスカレーションされた結果 (2)

こんにちはイチです。 前回のeBayでエスカレーションの記事の続きです。 前回記事→eBayで未着ケースをエ…

20162/28

Parcel – Delivery Tracking〜使い方 国際発送の追跡情報を管理するMacアプリ

国際発送した荷物の追跡情報を管理するのは日本郵便のWebサイトでできますが、 わざわざWebサイトを開き、トラッキンナンバーを入力して1個…

20161/10

eBay輸出にて有在庫と無在庫のどちらにすべきか?

今日は半年ぶりに事務所の机周りの模様替えをして気分一新しております。 さて、eBay輸出にて多くの方は始める際に迷…

20161/29

Google英語翻訳でeBayメッセージの英文を作る時の一番のコツ

ほとんどの日本人は英語が苦手だと思います。 なので、多くの日本人のeBayセラーは英語翻訳ソフトを使うと思われますが、日本語翻…

20176/14

労災保険脱退の為の申告書の書き方

こんにちは、久しぶりにこちらに出てきましたレイです。 突然ですが、6月に入り労働局より緑色の封筒が送られてきました…

ページ上部へ戻る