このページを共有する

無料の相談掲示板!
様々な相談をいただいています。
eBay輸出相談掲示板
リアルタイム反映のお届け日数表 発送実績をリアルタイム反映した
お届け日数表を随時更新してます。

掲示板の新しいトピック


Instagram
自己紹介

■LINEスタンプ販売中

LINEスタンプ
『くろいしっぽのぱんだ』

ブログに登場しているしろぱんだのスタンプです。
かなり前に作っているのでくろぱんだはいませんw
→記事へはコチラ

© eBay夫婦のマンガブログ〜輸出/国際郵便トラブル記 All rights reserved.

【2018/04 訂正】World First (ワールドファースト)でPayPal送金すると手数料削減

2018/05 追記

PayPalの手数料改定によりWorldFirstを利用する意味がなくなりました。

一応、下記にWorldFirstからのメール本文を貼り付けしておきます。

 


 

※※※ 2/23訂正 ※※※
今回のPaypal手数料アップに関して、こちらは『USAのみ』のお話でした。
日本は今まで通りで変更はありません。大変失礼しました。

 

2017年3月末にPayPalの手数料が値上げされます。

決済手数料が0.5%アップ

為替転換手数料が0.5%アップ

 

つまり1%アップすると。。

イチえもんはeBayの取引額は

送料含むと年間12万ドル=1200万円くらいなんで、

その1%は年間12万円の負担増です

 

 

手数料って販売者からしたら、はっきり言って年貢です。

その年貢を有無を言わさず、値上げする!とは。。

うーむ。グローバル化って。。

 

eBay輸出ではPayPal決済になるので、PayPal決済手数料は

eBayを利用している限りは絶対に支払わなくてはいけません。

しかし、PayPalの為替転換手数料は、回避する方法があります。

 

 

なぜ手数料が削減できるのか?

そもそもPayPal為替転換手数料とは

ドル→円 (=PayPal→日本の銀行)の両替の手数料です。

もちろんPayPal為替転換手数料はPayPalのドル資金を

海外口座でドルで受け取ればかかりません。(500ドル以下だと2ドルくらい発生。)

 

つまり

PayPal→海外ドル口座→日本円の口座

上記のように海外ドル口座を経由することで、

海外ドル口座の両替手数料次第で、両替手数料を減らすことが可能ということ。

 

多くのeBay利用者かつ日本在住のセラーに利用されているのが

World First (ワールドファースト)

という送金プラットホームです。

 

ちなみに利用者は海外ドル口座を実際に持つわけではなく

World Firstの海外口座内の一区画を借りるイメージと考えてください。

 

PayPal→海外ドル口座→日本円の口座の部分の

PayPal→海外ドル口座への引出手数料は基本無料ですので、

海外ドル口座→日本円の口座の部分のレートを抑えれば

セラーとしては実質の手数料が減ることになります。

 

World Firstの利益構造は?

蛇足ですが、World Firstの利益構造としては

両替手数料での儲けよりも資金が通過する際に運用できる点でしょう。

例えば10億円が毎日入って毎日出て行く構造は、

常に10億円がある状態だ全く同じなのでその資金を運用しているのだと

イチえもんは勝手に想像しています。(本当かどうか不明)

 

 

World First (ワールドファースト)ってどんな会社?

World First (ワールドファースト)は2004年に

イギリスのロンドンで創業された成長著しい会社だそうです。

以下、World Firstの登録時にいただいた資料からの情報を

抜粋して記載しておきますね。

 

  • World First (ワールドファースト)ではドル決済ではアメリカ – シティバンク銀行になります。
  • 為替手数料はインターバンクレートの1%〜2%で、送金額によって率は変動します。注意点としては$1,000 以下の送金だと手数料:$30かかります。
  • 24時間オンラインで送金でき、送金限度額はありません。
  • PayPalからの送金であれば海外向けの自社サイトの支払いにも利用可能です。
  • 年間費、口座維持費や他の手数料は一切ありません。
  • 日本語のカスタマーサポートが対応してくれます。日本利用者のカスタマーサポートは香港支社の方が対応してくれます。eBayなどと違って、勢いのあるやる気のある会社なので、専門の方が誠実に対応してくれます。
  • もちろんサイトも日本語表示になります。World First の右上の国旗を日本に変更。

 

■World First利用申請手続きの概略

  1. World Firstで必要事項入力し登録
  2. 確認メールが送信され、「秘密の質問」の登録をします。
  3. 免許証と住所確認書類2通をアップロードします。
  4. 担当者よりメールがあり、eBayや自社サイトのURLをメール返信
  5. 受取口座(日本の自分の銀行口座)をマイページで設定
  6. PayPalにてWorld First口座をPayPalの資金引き出し口座に設定
  7. 利用開始

こんな感じですね。

 

手続きのめんどくさい点

個人的な所感ですが、住所確認書類を2通出す必要があるのはめんどくさかったです。

何しろ最近はガスや電気などはネットで明細を確認する時代なんで…

他はやっぱり資金受取口座の開設なんで、そこそこ入力項目が多いかなと。

まあ、何か不明点があっても日本語のカスタマーサポートがあるんで結構余裕です。

 

 

まとめ

年間1000万くらいをPayPalから日本の口座に移すのであれば、

5万円くらいの利益確保になりますが、デメリットとしては

PayPalでの送金より多少の日数がかかることです。

まあ、どちらにせよ登録無料で、利用料もかかるわけではないので

一度利用してみることをお勧めします。

 

登録はこちら→ World First (ワールドファースト)

 

次回にはWorld First (ワールドファースト)の

実際の利用画面のキャプチャをお見せしながら説明したいと思っています。

次回記事はこちら→ World First (ワールドファースト)の実際の利用画面と説明

 

それではまた〜

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

20177/3

PayPalで未承認でケースオープン、チャージバック請求された。

今回はPayPalでのケースオープンし強制返金された件についての記事です。 簡単に要約すれば、eB…

20172/1

eBayでケースをエスカレートされ、PayPalでもオープンケースされた件

今回は、お届け済みになっている商品についてケースオープンされ その後にエスカレート、その後にPayPalでオープンケースされて …

201810/14

【PayPalオープンケース】返送詐欺バイヤーとの戦い。勝ちか負けかビミョー

こんにちは、イチえもんです。 今回はeBayで販売した商品をPayPalで「商品が異なる」でオープンケースされ返送詐欺にあった件です。…

20173/20

郵便局員とのバトル! 国際郵便書留の調査請求〜賠償請求 (2)

前回に引き続き国際郵便のAIRMAILやSAL便の書留の調査請求と損害賠償請求についての郵便局員とのバトルについてです。 前回こちら→…

eBay輸出で国際郵便の荷物が届かない時の対応 (2)調査依頼書の提出方法について

前回は国際郵便のAIRMAIL書留/eパケット ,SAL便書留、,EMSなどの追跡番号付きの追跡情報の検索の仕方や注意事項などをお話ししまし…

20192/26

Fiscal ID(掲示板投稿)

ともはさん:メキシコのバイヤー様から、荷物(EMS) の受け取りにセラーの住所とFiscal IDが必要だと税関にいわれていると連絡が来…

eBay輸出で国際郵便の荷物が届かない時の対応 (3)郵便物の紛失時の「賠償請求」について

前回は国際郵便のAIRMAIL書留/eパケット,SAL便書留、,EMSなどの追跡情報が更新されない時などに提出する調査請求書についてお話しし…

20173/14

郵便局員とのバトル! 国際郵便書留の調査請求〜賠償請求 (1)

こんにちは、イチえもんです。 今回はTwitterでも何度か呟いておりました郵便局(支局の担当者)との調査請求書にまつわるトラブルにつ…

間違った荷物を送ってしまった場合(掲示板投稿)

クロエさん:今回ご相談したいのは、私のミスで間違った商品をアメリカへ書留エアメール郵便で発送してしまったのですが、今朝気が付いて、追跡情…

20171/24

国際郵便アメリカ宛の保管荷物を日本からUSPSで再送依頼をしてみた。

コンニッチは= 今回はeBayで購入された商品がいつまで経っても バイヤーが取りに行かないので日本からUSPSに再送依頼をしたと…

20175/29

BigCommerce(ビッグコマース)で輸出ネットショップを作ってみて

イチえもんはBigCommerceで自社サイトを作って1年になりました。 今回はBigCommerce(ビッグコマース) で独自ド…

ページ上部へ戻る