英語が多いとエラーが出る場合あり。エラー画面で「戻る」ボタンで戻ると文章が残っています。エラー発生時間を雑談トピでお知らせください。

elgato HD60 S のレビュー: Macbook Airでゲーム実況配信できるのか?

未分類


こんにちは、今回の記事はeBay輸出と関係がありません。。

elagato HD Sを使って、Macbook AirでNintendo Switchのゲーム実況配信ができるのか?の検証です。

ゲーム実況の配信の機器ってスペックの問題とかややこしいのでelgato HD60Sの購入を検討している方(主にNINTENDO SWITCHかつMac OSでゲーム配信を検討してる方)向けに情報を掲載しておきます。

下記がAmazonの商品ページです。

 

 

当方スペックとelgato HD60 Sのスペック要件

まず前提条件として当方のPCスペックはかなり低いです。

事務所用のPCは別にあり、自宅用ではネットサーフィンくらいなのでMacbook Airで十分かなと考えていました。

そのMacbook Airでまさか動画をいじるような時が来るとは。。。

下記がスペックです。

  • Mac OS High Sierra
  • MacBook Air (13-inch, Mid 2013)
  • ストレージ : SSD 128GB
  • プロセッサ : 1.3 GHz Intel Core i5 (デュアルコア)
  • メモリ : 4 GB 1600 MHz DDR3
  • グラフィックス : Intel HD Graphics 5000 1536 MB /NVIDIAなし
  • USB : 3.0パス

Mac系のベンチマーク/CPU型番は下記のサイトで確認できます、便利!

Mac Benchmarks - Geekbench Browser

 

ちなみにこのelgato HD60Sのシステム要件は

  • Mac OS: mac Sierra以降 /Windows 10(64bit)
  • GPU: AMD or NVIDIA
  • CPU: Intel i5-4xxx quad-coreまたは同等

まず必要スペック要件がクアッドコアなのにデュアルコアってのはアウトな感じですね。

GPUに関しては据え置きゲーム機での使用しか考えていないので上記の要件は必要なさそうな気がするんですがどうなんでしょう。

ちなみにイチえもんはスペック不足は知っていたので、最悪の場合でWinのタワーPCかMacbook Proに買い替えを検討する覚悟でelgato HD60Sを購入しました。

さて、どうなるのでしょうか?

リアルタイムでこの記事書いてるので結果はまだわかってないんですww

 

 

 

外装や商品の画像

まずelgato HD60 Sの外装です。思ってたよりキチンとしてるな。

 

次は外装の裏面です。説明文は全部英語ですね。

 

裏面のアップです。お問い合わせ先の部分は日本の代理店が貼ったシールです。

 

バーコードはUPCなどの海外のものですね。

 

本体とその仲間たちの画像です。

本体、HDMIケーブル1mが1本、USB2m(片側type3)が1本、説明書、ロゴマークのシール。以上。

英語ではないヨーロッパ系の言葉の説明書。読めそうにないな。

 

本体 サイズは10×6.5cm。スマホより小さいよ。

本体の裏

側面

 

 

とりあえず全てを繋いでみた

Macbook Airとelgato HD60SとSwitchとTV。

その4つをとりあえず繋いでみました。

わかりにくいと思うので配線図です。

elgato HD60SをUSBでMacbook AirにつなぐとHD60SのLEDが点灯しました。

繋ぎ終わると無事にTVにSwitch画面が映りました。

TV側の画面で一度プレイしてみましたが全く遅延は感じませんでした、普通と一緒ですね。

ちなみに失敗談として、はじめ繋ぎ終わっても音が出なかったです。HDMIをギュッと繋ぎ直すと音が鳴りました。かなりシビアみたいですね。。

 

 

 

 HDMIパススルーしてTVにつなぐ際、PCが通電していない状態でゲーム画面はTVに映るのか?

一つ懸念していたことに答えが出ました。

まずelgato HD60SにAC電源アダプタが存在しません。ということはPC側から給電しているということですね。

通電なしでHDMIパススルーはできるのか?

答え:PC電源なしではHDMIパススルーしてもTV側にゲーム画面が映らない

補足:PCが待機状態(スリープやPC上蓋閉めてる状態含む)でも通電しているのでTV側にSWITCH画面が映る。

ちなみにUSBをHD60Sから外すとTV画面は消えました。

elgato HD60Sの電源が入っていないとHDMIパススルーしてもTVにゲーム画面が映らないってことです。

これってゲームする時には必ずelgato HD60SとMacbookを繋いでおくか、配信しないときはHDMI接続を繋ぎ直すか、になるってことですね。

ただ原理的にはelgato HD60Sの手前にHDMI分配機を付ければ、HD60Sの通電なしでもゲーム画面が映ることになるはず。

 

 

Game Capture HD ソフトをダウンロード

Game Capture HDという専用のソフトをダウンロードする必要があるようで、下記のリンク先からMac用バージョン2.9ってのをダウンロードしてみた。

Download and Support | elgato.com
Empowering Content Creators. Elgato Gaming Downloads

こんなソフトです。

ダウンロードしてGame Capture HDソフトをアプリケーションフォルダに移動!

 

そしてGame Capture HDソフトを起動。

同意がどうとかあって〜画面を開くと〜〜

はいっエラーでたあ。

「お使いのコンピュータはシステム要件を満たしていません。最低4の物理CPUコアが必要です。」と出てます。

無理っぽい警告ですね・・

ただソフトは起動して動いているようなのでちょっといじってみることにしました。

 

〜〜10分ばかりいじって経過〜〜

 

 

 

結果:YoutubeとTwitchでゲーム実況配信をすることができました。

警告メッセージが出ていてしかもかなり具体的な指摘だったので無理かなあ、と思いながらも手探りで進めていきました。

まず配線を繋いだ状態でGame Capture HDソフトを起動するとテレビと同じくゲーム画面が表示されてます。

これはプレビュー画面ですね。つまり配信も録画もしていない状態のプレビューです。

 

①Game Capture HDとYoutubeを連携

右側のライブストリーミングの所の「+ボタン」を押すとTwitchとかYoutubeとかがズラーっと出てきます。

それでYoutubeを選択します。

 

そうするとブラウザが開いてYoutubeのログイン画面になります。

アカウント名とパスワードでログインします。

そうするとelgato Game Capture HDとの連携の許可の画面になります。

 

もちろん、許可をクリックします。

そうすると、Game capture HDの画面にアカウント名が表示されます。

これで連携されたということだと思います。

 

このアカウントは適当に作ったものです。。

 

 

②Youtube側でライブストリーミングの設定を有効にする

上の画像の赤丸の所のボタンをクリックします。

するとYoutubeのアカウント画面が開きます。

ここからはGoogle側の設定になります。

真ん中のライブストリーミングを有効にするをクリックします。

アカウントの確認画面になります。

携帯やスマホの電話番号を入力して送信ボタンをクリックします。

確認コードの入力画面になります。

SMSか電話で確認したコードを入力し送信ボタンを押します。

アカウントが確認されると確認済みとなります。

これで前設定は完了です。

*配信の品質の設定やなんやかんやの設定の説明はここでは省きます。っていうかしなくても配信できます。

 

③ストリーム配信を開始する。

設定が終わるとあとは下の画像の赤丸のストリームボタンを押すだけです。

開始されるとストリームのボタンがほんのり緑に光り、ストリーミングのとこにON AIRマークが出ます。

④ライブ配信中の画面を確認する。

ON AIRマークをクリックすると現在配信されてる動画をブラウザ上で確認できます。

アカウント名の横のマークをクリックすると現在のストリーミングの詳細画面になります。

⑤ライブ配信を終了する

ライブ配信を終わるときはGame Capture HDのストリームボタンを押すだけで終了します。

操作方法の説明に関しては以上です。

Twitchも配信成功しましたが、ほとんどYoutubeと同じでした。


2時間使用しての感想

まだまだ詳しいことはわかりませんが、簡単に使用した感想です。

まず特筆すべき点は使用方法に迷うことがほとんどなかった点です。

気になった点は当方のMacbook Airのスペック不足のせいなのか、配信の動画の画質、特に色の出方がそんなによろしくないってことかな。スプラトゥーン2だと動きが激しいので色が飛んでます。

Macbook Airを無線LANで繋いでるのも原因かもしれません。

特に画質にそれほどこだわらないっていうのなら大丈夫ですね。

一応1080で30fpsの最高設定でこんな感じです。

 

Macbook Air Mid-2013(i5デュアルコア メモリ4GB)

生配信: https://youtu.be/zjmbx4PoLnM
録画 :https://youtu.be/tMplGCii1BU

 

 

 

MacbookでのHD60S利用で検討できるモデルは?

WindowsのタワーPCの安いのをヤフオクとかで買うのが一番いいんでしょうが、現状の生活で据え置きPCって他の用途で使う感じがしないのとMacに慣れてるからWinがちょっとってのがねえーって感じです。

ノートにするにしてもWindowsだとMacの半値近くでいけそうな感じなんで悩みますが。

 

必要スペックをMacbookで言えばMacbook Proの15インチ 2011 lateくらいって感じですかね。

まあ今後のことも考慮して下記の2012midの15インチmacbook proのメモリ8GBくらいとSSD250GBくらい換装した中古7~8万くらいを検討しようかと。

 

elgato HD60 Sは初心者の方やMacで簡単にゲーム配信してみたいと考えている方にはかなりオススメですね。

アマゾンのリンク→ Elgato Game Capture HD60 S

 

P.S.

Macbook Pro Mid-2012 i7クアッド、メモリ4GBを購入して検証もしてみました。

画質、特に色はかなり綺麗に出るようになりました。

Max画質も試しましたが普通に動作しましたよ〜

 

 

Macbook Pro Mid-2012(i7クアッド メモリ4GB)

生配信: https://youtu.be/93CaNQ4Xobk
録画 :https://youtu.be/HSvNbD8Y3oI

 

P.P.S.

PS3はHDCPと言うコピーガードが付いていてelgato HD60 SではPCに画面をキャプチャーできないことが発覚。

調べてるとHDMIスプリッターというモノを通すとコピーガードが外れてPCに画面をキャプチャーできるとのこと。

色々と種類がありましたが、調べた結果では下記の1500円の商品でもHDCPを解除できるとのことで購入。

無事に接続できました!!

コメント

  1. ろん より:

    初めまして。
    Macbook Pro Mid-2012(i7クアッド メモリ4GB)ってintel i5の第三世代を使ってますが、HD60S使用可能なんですね!(公式の情報だとintel i5の第四世代から使えますと書いてあったのでびっくりしました。)
    当方imac late 2012(第三世代のintel i5+クアッドコア+メモリ32GB)を使ってまして第三世代で使用可能なのか検索してたところこのブログに辿り着きました。
    有益な情報ありがとうございます。

  2. コメントありがとうございます。
    公式のスペックは余裕を持ったものを提示してると思いますが、実際にはカツカツでも使用できる感じですね。

  3. Chris より:

    こんにちは。僕も今mac book air使ってるんですけど、どうしてもゲーム音だけが流れないんですけど、開けた時から流れてますか?

  4. こんにちは〜
    私の場合は音は普通に出ましたよ。
    HDMIケーブルなどの配線の抜き直しなどで改善することがあるかもしれません。

  5. より:

    初めまして、
    教えてほしいのですが、ソフトのデバイスの所に何も表示されないのですがなぜでしょうか?

  6. はじめまして。
    デバイスが認識されていないということなのでHDMIの接触不良などが考えられるかもしれませんね。
    あとはelgato HD60 S自体の電力が足りていない、とか。
    くらいしかちょっと思いつかないですね〜

  7. ぽー より:

    こんにちは!
    MacBook Proを使っているんですが、出力されてもほぼ固まった状態です。
    どうすれば良いでしょうか?

  8. こんにちは!
    ちょっとわかりませんね〜
    うちではきちんとできてたんですが。。

タイトルとURLをコピーしました