売上120万の熟練せどらーの現地仕入時の精神状態、メンタル管理とは?

仕入/発送

今、ラグビーの五郎丸選手のルーティンというのが話題になっていますがルーティンという考え方はどんな分野でも重要なものですね。

20160217_1

 

ほとんどの方が無意識的に行っているのがルーティンとも言えます。

例えば、朝起きてコーヒーを飲む、ことをきっかけにして行動の起点とする人や、仕事のとっかかる時には必ず深呼吸をして目を瞑る人などなど。

株式投資についての有名な著書の ゾーン — 相場心理学入門という本でも人間の精神状態がいかに株式トレードに影響するか、というものがあり、ルーティン的なモノの考え方のものでした。

最近になってこういう精神のあり方、メンタルトレーニングが結果を導く、という考えが一般にも浸透してきたように思います。

このような考え方はスポーツやプロフェッショナルな仕事、勝負事では随分と以前から重要視されてきたものですが、一般にはあまり知られていなかったものです。

 

eBay輸出でメンタルが最も必要なこと

このメンタルをeBay輸出でイチえもん的に感じる時は、現地仕入れに行った時です。

現地仕入れとは店で安く仕入れてネットでそれより高く売る、転売というやつです。

入ったその店で売れる商品を見つけれるかどうか、というのが勝負です。

先日のイチえもんの現地仕入れの場合だと、
1日6店舗を回って移動に4時間、店舗で4時間の計8時間112個9万円の仕入れでした。

原価率は平均で30%です。

つまり販売すると30万なので1日で21万円の利益です。

 

初心者の方からの質問で売れる商品はどうやって探せばいいのか?というものがありました。

もちろんイチえもんも初心者の時代はありました。

簡単に言うと初心者の方は

「売れる商品が見つけられない、無理だ」

ということに心を捉われて近視眼的になり、それゆえに売れる商品を見つけれない。

しかし、熟練の人間が同じ場所同じ店に行くと、売れる商品を見つけることができます。

その差はなんでしょうか?

 

イチえもんは精神状態にあると思います。

 

わかりやすい例で言えば、

すごい発明を見て「私でも思いつきそう!」って感じ

とか

探し物をしている時に見つからないものが

後になって「そこにあったのか」と意外な感じ

と似ています。

「探している状態=無い状態」に心をとらわれるということで見えない精神状態になっているんです。

 

 

この精神状態になってしまうと、仕入れる商品が見つかりません。

かといって全く漫然として探す気がなくても見つかるものでもありません。

視点を変える必要がある

20160217_2

どういう精神状態の時に一番パフォーマンスを発揮できるのか、というと

「売れるもの」を探すのではなく

「売りたいもの」を探すことです。

そうすると頭が柔軟に次々と連想していき、売れる商品にたどり着きます。

 

逆に一番ダメなのは、誰かの作った売れる商品リストを持ってそのリストの商品だけを探すことです。

*1,2年前にはBookoffでバーコードリーダーを持って全ての商品にバーコードを通しているせどりの方がいっぱいいましたが、あれは本当にダメですね。

 

その「自分の売りたいもの=売れるもの」を探し出した結果で実際に「自分が売った商品リスト」ができて、そこから次々と連想して頭を働かせることで、自分だけの流れを作ることで進化します。

 

もひとつ重要な点はジャンルを絞ることです。

最も効率の良い熟練者は自分の得意ジャンルを絞ってます。

そのジャンル内での売れる傾向が強いリストと売れない傾向が強いリストを頭に入れています。

売れない商品の連想も膨らみますので結果、店内で見なくていい商品が増えて探す作業量が減る。

店内の滞在時間は激減し効率化できます。

 

初心者の段階でよくわからないジャンルには手を出さないのが懸命です。

未開拓のジャンルに手を出す時は、自ずと自分の興味もそちらに移っているものです。

ジャンルとジャンルの共通点をもとに自然な感じでゆっくりとジャンルは拡大していきます。

売れる商品が見つからないからといって、

無理にこのジャンルも、このジャンルも、ってやるのは絶対にダメです。

すべてが中途半端になり、結果挫折するでしょう。

 

 

 

仕入れにおいての初心者に対するアドバイス

まずは自分の好きな店を見つけて、そこの在庫変動が手に取るようにわかるようなレベルまで理解することです。

そうすると、「ああ、今日はダメっぽい」とか「今日はいい流れだ」などと感覚で理解できるようになってくると思います。

その自分だけの直感みたいなものがすべてです。

 

仕入れについては重要な分野なので今後も具体的なお話を交えて解説していきます。

 

それではまた〜

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました