無料の相談掲示板!
様々な相談をいただいています。
eBay輸出相談掲示板
リアルタイム反映のお届け日数表 発送実績をリアルタイム反映した
お届け日数表を随時更新してます。

掲示板への最近の投稿


Instagram

■ブログ記事の更新通知メールの登録

更新通知メール
自己紹介

■LINEスタンプ販売中

LINEスタンプ
『くろいしっぽのぱんだ』

ブログに登場しているしろぱんだのスタンプです。
かなり前に作っているのでくろぱんだはいませんw
→記事へはコチラ

© eBay夫婦のマンガブログ〜輸出/国際郵便トラブル記 All rights reserved.

20189/24

2018年8月実績公開!月商74万円 (eBay輸出+ヤフオク)


イチえもんの2018年8月の実績(送料抜き)は

eBayで597180円(5380ドル)

自社サイト等で150,903円で

合計748,083円

過去の実績

2016年

1月➡︎ 2016年1月実績公開!月商98万円(eBay輸出+ヤフオク)
2月➡︎2016年2月実績公開!月商91万円(eBay輸出+ヤフオク)
3月➡︎2016年3月実績公開!月商88万円(eBay輸出+ヤフオク)
4月➡︎2016年4月実績公開!月商76万円(eBay輸出+ヤフオク)
5月➡︎2016年5月実績公開!月商81万円(eBay輸出+ヤフオク)
6月➡︎2016年6月実績公開!月商68万円(eBay輸出+ヤフオク)
7月➡︎2016年7月実績公開!月商62万円(eBay輸出+ヤフオク)
8月➡︎2016年8月実績公開!月商79万円(eBay輸出+ヤフオク)
9月➡︎2016年9月実績公開!月商69万円(eBay輸出+ヤフオク)
10月➡︎2016年10月実績公開!月商86万円(eBay輸出+ヤフオク)
11月➡︎2016年11月実績公開!月商106万円(eBay輸出+ヤフオク)
12月➡︎2016年12月実績公開!月商63万円(eBay輸出+ヤフオク)

2017年

1月➡︎2017年1月実績公開!月商89万円(eBay輸出+ヤフオク)
2月➡︎2017年2月実績公開!月商83万円(eBay輸出+ヤフオク)
3月➡︎2017年3月実績公開!月商90万円(eBay輸出+ヤフオク)
4月➡︎2017年4月実績公開!月商77万円(eBay輸出+ヤフオク)
5月➡︎2017年5月実績公開!月商92万円(eBay輸出+ヤフオク)
6月➡︎2017年6月実績公開!月商72万円(eBay輸出+ヤフオク)
7月➡︎2017年7月実績公開!月商95万円(eBay輸出+ヤフオク)
8月➡︎2017年8月実績公開!月商86万円(eBay輸出+ヤフオク)
9月➡︎2017年9月実績公開!月商65万円(eBay輸出+ヤフオク)
10月➡︎2017年10月実績公開!月商78万円(eBay輸出+ヤフオク)
11月➡︎2017年11月実績公開!月商84万円(eBay輸出+ヤフオク)
12月➡︎2017年12月実績公開!月商42万円(eBay輸出+ヤフオク)

2018年

1月➡︎2018年1月実績公開!月商114万円(eBay輸出+ヤフオク)
2月➡︎︎2018年2月実績公開!月商70万円(eBay輸出+ヤフオク)
3月➡︎︎2018年3月実績公開!月商67万円(eBay輸出+ヤフオク)
4月➡︎︎2018年4月実績公開!月商70万円(eBay輸出+ヤフオク)
5月➡︎︎2018年5月実績公開!月商67万円(eBay輸出+ヤフオク)
6月➡︎︎2018年6月実績公開!月商76万円(eBay輸出+ヤフオク)
7月➡︎︎2018年7月実績公開!月商83万円(eBay輸出+ヤフオク)

 

2018年8月の総評

2018年8月はストアを閉めることなく31日営業。

今年からハンドリングデイを3日にしてるんで盆期間もストアをそのままそのまま開店していました。

前年が86万円の売上だったので前年比87%とまあまあでした。

自社ネットショップでセールを開催していたのもあって自社ネットショップの売上は15万円と好調な結果。

 

今年の8月は本当に暑かったですよね〜

イチえもんは毎日昼過ぎに事務所に徒歩10分で出勤するだけですが、それでも暑さにやられそうでした。。

eパケット集荷を再開してもらっていたので、毎日郵便局に出荷に行く業務が無くなりかなり助かりましたね〜〜。

 

ドル円相場は相変わらず110円台で安定推移。

かなり長い間でこの110円台なんで急に変動しだすと怖いですね。

中国とアメリカの貿易戦争も今の所はイチえもん所には影響はありませんが、これだけ強烈に関税をかける勢いなら今後なんらかの負荷がかかってきそうな気がします。

 

 

Topics

9月の関西の台風の影響について

9月の関空の台風の影響についてブログ記事にもあげています。

台風21号の影響で9月2-3日頃に出した国際郵便が関西国際空港 大阪国際郵便局に留まっている件。

コメントもたくさんいただいていますように大阪国際郵便を通る荷物の全てに影響しているようです。

ちなみに関空を通る荷物は大阪だけではなくかなり広域の荷物が関空の大阪国際郵便局を通っているので被害はかなり甚大です。

 

詳細についてはブログ記事を見ていただきたいのですが、今回の件について特に思うのは、郵便局の情報開示が全然できていないってこと。

それによって私たちのような荷物発送している客、それでけでなく現場で真面目に働く局員も困惑するような状況になっているのではないでしょうか?

きちんと郵便局の本社がメディア発信や郵便局のホームページや追跡情報ページなどで情報共有していれば、私たちが問い合わせも少なく現場の郵便局員さんも困惑することもなったのではないでしょうか?

「大阪国際交換局から発送」ってなっていてもそこに記載されている時間に実際に発送されているわけではないって始めて知りました。。

 

そして関空内に滞留している荷物が今後どうなるのかについて3週間経過しても郵便局ホームページ上では何の情報開示もない状態です。

郵便局が情報を大きく世界的に開示/発信してくれればこちらも受取人のバイヤーも状況理解が深まり仕方ないねってなるんですけどねえ。

もしかすると関西空港のセキュリティの問題が露呈するから被害の大きさを隠しているのかもしれません。

 

色々な情報が出てくるのはこちらが問い合わせしてときに現場の局員さんに教えてもらえるか、ブログのコメントやTwitterでのやりとりなんかがほとんどです。

郵便局の上部の人間が思い切った決断も下さずに責任回避していて、現場の方も誠意ある対応のしようのない状態って感じがします。

今回の台風は天災としてどうしようもないことであるのは確かですが、だからって3週間経過しても事後対応を適当にされていては流石に納得できないことになってきます。

今回のことはこちらで全額負担でバイヤーに返金することも考えていく感じですね。

天災なんで、との言い訳で信頼して購入してくれたバイヤーに負担を押し付けるわけにいきませんしね。。

 

 

 

オーストラリアのGSTと今後の世界の関税

2018年の7月からオーストラリアのバイヤーはeBay上で10%の消費税=GST(Goods and Services Tax) が強制的に徴収されているようです。

8月の25日くらいからオーストラリアバイヤーのeBayのSold listに「eBay note: This total includes tax that eBay is required to collect from your buyer. You can view the amount paid to you in the sales record.」ってのが掲載されるようになりました (↓コレ)。

これはつまりオーストラリアバイヤーからeBay社がGSTを回収してオーストラリア政府に税金を納めるって流れですね。

 

つまり強制的に海外のネットショップ大手の購入に課税してこうということです。

バイヤーは大手のネットショップ購入する際にGSTの回避の方法がありません。

GSTのSはサービスなんで、詳しくは調べていませんが物品以外にも色々と課税されそうな感じですね。

 

ちなみにAUの売上が約600万円以下のEC事業者はGSTの課税対象にならないのGST登録の必要もないとのことです。

つまりうちの自社ネットショップはGST10%課税義務がないってことで、eBayで全く同価格で販売するのと比べるとバイヤーから見れば自社ネットショップで購入の方が10%安いことになりますね。

これを大きく打ち出してオーストラリア向けにFacebook広告を出してみようかな。

 

しかし、そもそもはオーストラリアは関税については食品だけかなりきつく、他の物品は約10万円以下は関税がかからなかった状態でした。

それが今回で一気に一律10%のGST課税ってことでオーストラリアの人にとってはかなりよろしくないニュースです。

イチえもんが勝手に推測するにはAmazon.com(US)からの購入が増えすぎたからなのではないでしょうか?

eBayとかはそれほどは影響ないけどついでに大きめのネットショップ全部に課税していたれ!みたいなイメージです。

これを受けてAmazon本社はオーストラリア在住からのAmazon.com(US)とUKからの購入を停止したようです。

つまりオーストラリア在住の方はAmazonオーストラリアでの購入しかできなくなるってことですね。

アマゾンとしてはオーストラリアに事業所を正式に置いてオーストラリア政府に税金を納めるのでGST課税は勘弁してね、ってことなんでしょう。

 

ちなみに日本のアマゾンも「アマゾン倉庫」扱いで事業所を置いていないので日本国には納税していないようですね。

つまりオーストラリアのGSTと同じようなことが今後も起こっていくのが必然ではないでしょうか?

ネットショップから税金を天引きするって、むちゃくちゃ楽な課税方法だと思うんでこれはどんどん進んで行きそうな予感がします。

これってバイヤーが税金を納めていることに間違いはないのですが財布から10%将来の売上が減るようなもんだとも言えると思います。

なのでその分の補填としてマーケットプレイスセラーから手数料を少しでも多くとってやろうってなるでしょうね。。

 

ここでも個人事業レベルのネットショップにはまだ課税されない状況だというのがメリットになってきます。

多分、全部を把握するのが不可能だからでしょう。

年間約600万円売上以上のネットショップはGST登録が必要ってことですが、オーストラリア政府はどうやって600万円以上かどうかを調査するのでしょうか?

仮に年間1億円の売上でGST未登録だと何か罰則があるのでしょうか?

今の所は600万円以上の売上でもある程度はスルーされそうな気がしますね。

 

オーストラリアの今回の事例がうまくいけば今後はどんどんオーストラリアGSTのような課税方法を他国がガンガンやってくるのではないでしょうか?

特にEU圏とかもうありそうなもんですが、むちゃくちゃきつい課税とかしそうですね。

これって結局は支払ってるの購入者なんですけど。。

今のアメリカと中国の貿易戦争は多分シナリオの決まっているプロレスなんでしょうが、イチえもんには行き着く先はみえません。

こういった新しい課税、世界的に展開するようなことになっていきそうな気配はしていますね。

 

 

 

メルカリの出金リミットと金融機関の手数料ビジネス

長くなるのでこの話はしないでおこうと思っていたのですが、ついでにしておきます。

メルカリの売上を銀行への出金リミットが昨年末12月に90日に改悪されたのが、今年の9月27日から180日に見直されます。

知らない人に簡単に説明するとメルカリで売上げたお金(売上金)は1万円以下の銀行出金には手数料が210円かかり、90日経過で強制的に振込がされる。
それが2018年9月に緩和されて90日が180日になります。ちなみに最初期は1年だったと思います。

※↑口座登録してない状態で振込申請期限が切れた場合に限り

 

90日間に1万円を売り上げるって一般の販売者にとってかなりハードルが高いと思います。普通に不用品を販売したい人にとっては特に1万円の売上はきついでしょう。

とすると振込手数料210円って少額販売者にとっては実質的にはeBayでいう常に掛かってくる販売手数料(FVF)と同じようなものになってきます。

例を出すと1000円の売上で10%の100円の手数料を強制で引かれ、その後に銀行に出金時に手数料210円引かれる。

つまり1000円の売上に対して310円の手数料、パーセンテージで言うと31%の手数料です。

2000円でも200+210の410円で20%

5000円でも500+210=710円で14%

これってeBayとかAmazonの手数料とそんなに変わらなくないですか?特に2000円以下ならメルカリの方が手数料が高いですね。

 

メルカリ最初期の1年間出金猶予では金融機関への出金利用がかなり少ない状態になっていたので金融機関から圧力があったのでしょう、つまり多くの出品者は売上金がすぐに家計で必要なければ銀行口座に出金しないでしょうし、1年以内に欲しいものが出てくればメルカリ内で決済してしまいます。この場合には売上金は一度も銀行を経由することがありません。売上金はメルカリというサイト内に貯まった状態が継続的に発生していることになります。

それを金融法に抵触するとか言うよくわからない理由で金融関係から圧力/プレッシャーをメルカリはかけられたのでしょう。まあヤクザの脅しと一緒ですね。

そこでみかじめ料として90日の出金リミットに改悪し、銀行に手数料を回すようにってなったって感じではないでしょうか?

*これはイチえもんの勝手な推測で何も根拠もありませんが、一連の流れから想像する限りです。

そして結果、この90日期限ってのがきつすぎて出品者がかなり減少したので今月に180日に緩和したのではないでしょうか?

 

180日で1万円を売り上げるって一度も販売したことのない人にとっては「できるかな〜、できそうにないかな〜?」って迷うくらいのハードルです。

迷うと出品しませんよね? そうするとメルカリの出品者数は減少していきますよね? 実質の手数料は上がってるので販売価格も上がります。ついでに郵便局などの送料も上がっていってます。

メルカリの良いところって簡単に初心者が販売して、その売上金をそのまま一度も出金することなく自分の欲しいものを買う、つまりメルカリ村の物々交換的な楽しさだと思います。そこにジャイアン(銀行など)が来て「俺も混ぜろよ」って感じ。

あなたはこれを仕方ないことだと思いますか?私はどうにも納得できません。

なので大きな組織は基本的に信用できないので極力は個人でってことになるんですよね。

 

メルカリはまだ勢いがある印象ですが今年に入って芸能人などのメディアでのイメージ戦略を使いまくってる感じです。

これは一つの予兆かもしれませんが、メルカリもこのまま順当にはいかないでしょう。今、株価を確認しましたが年末からむちゃくちゃ下がってますね。。メルカリは面白い商品とか多かったんでもっと頑張ってほしいけどなあ。

この先にメルカリが停滞期に入るとどこが出てくるのでしょう?全く新しいサイトかもしれませんね。

 

 

 

カナダ郵便のストライキについて

イチえもんのカナダ発送で1通がちょっと遅くなっているのでもう少し影響しているのかもしれませんが、カナダポストがストライキに入る可能性があるようです。

カナダ留学サポートの方のブログ↓

https://ameblo.jp/icanada/entry-12405983411.html

カナダ人のブログ記事↓

https://www.blogto.com/city/2018/09/canada-post-strike-2018/

 

起こるとすると9月26日だという噂です。

もしストライキが発生するとカナダポストは機能停止するので当分は荷物が届かないことになると思います。

日本郵便からの情報/注意勧告は今の所は一切ありません。

なのでもし高額商品を発送する場合は少し注意したほうがいいかもしれません。

 




 

今後の展望について

9月初旬に東京に小旅行に行こうと航空チケットと宿の予約をしてたんですが、台風で全て潰れてしまいました。。。

最近は台風とか地震とか大雨とか自然災害が多いのであまり予定を早く立てるのもビミョーですよね。

 

8月の自社ネットショップでのセールが好調だったので、年末商戦の10月か11月あたりにセールをしようかなと考えています。

その後の12月は去年と同様に初旬くらいからもう長期の休みに入ってしまうのもありかな、と。

 

9月は関西空港の台風のニュースの影響か、アメリカの大型台風の影響かわかりませんが売上はかなり不調です。

売上数が少ないときはもう一日休みにしたりしています。

年々、仕事の時間を減らして休みを増やしていってるような。。怠け癖がつかなければいいのですが。

売上や仕入れの数値管理はきちんとできているので、まああとはぼちぼちとやって行こうと思います。

 

それではまた〜

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • 名無しA
    • 2018年 9月 29日

    金融法のくだりはメルカリの巨額赤字の問題では?個人的には考えてます。
    6月連結決算は純損益が70億円の赤字、前年同期の28億円の赤字から拡大…と。
    会長は株主総会で「いつまでに黒字化するかは明言できない」と言ってますし、
    株価が下がっているのもこの巨額赤字と経営陣が
    黒字化へのビジョンを示せていないというのが原因の1つかな…と。

    FXの信託保全なんかと同じで、特に赤字がデカイ所ほど金融庁の目が厳しくなります。
    投資家のお金は会社の経営と別で管理しているのか、投資家のお金で自転車操業してないか、というアレです。

    ある日突然、メルカリが資金繰りに頓挫して経営が出来ないとなった場合、メルカリからお金が出金出来ないとなったとしたら
    それこそ、消費者庁から金融庁、警察と一斉に苦情がいって収集つかなくなりますからね…
    最近でも、ケフィアやらかぼちゃの馬車やら、お金取り戻せないというのがありました。
    金融商品ではなくモノとカネという流れでは「はれのひ」なんかも、近い内容かもしれません。

    特にメルカリのようなCtoCサービスの場合、例えば、商品を送った次の日にメルカリが資金繰りが出来ずサービス停止という場合
    そのモノの所有権はどうなるのか、支払ったお金はどうなるのか…と
    BtoCの「はれのひ」でさえ、あの騒ぎなんですがら、万が一メルカリがそんな事を起こしたら混沌とするのは想像に難くないですからね。
    どっかが買い取ってくれればどうにかなりますが、リーマン・ブラザーズよろしく、巨額すぎるとどこも買い取ってはくれないですからね…

    そういった事を考えると、メルカリが巨額赤字が累積している所もあるので、
    メルカリ本体のキャッシュまわりに金融庁が厳しくなり、供託金が必要と考えたのでは…と。
    まぁ、もともとメルカリは色々緩い所があって、各所から厳しい目をつけられてましたからね、
    本来はスタートアップの段階か、規模が大きくなる少し手前で
    コンプライアンスとか諸々厳しく手をつけるべきだったかな、と。

    個人的には振込手数料はメルカリ側が持てよって話だと思います。
    ヤフオクやポイントサイトなんかの少額振込も、振込手数料はサービス提供側が多いですよね。
    逆に言えば、メルカリはヤフオクよりも高い手数料を徴収しているのに
    振込手数料をユーザーの代わりに負担する力すらない状態とも言えます。

    金融機関の圧力はないと思いますよ。
    いわゆるメガバンクが圧力かけたってネットが主体のサービスなんて振込先の金融機関は、
    楽天銀行やらジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行あたりになるのが目に見えてますし
    メルカリから徴収する振込手数料にしても、メルカリが使うメイン銀行にメリットがあるだけで
    それ以外の金融機関にはまったく利益がないですしね。

    あと私の偏見ですがメガバンクは個人への少額振込は一切興味を示さないですよ。
    低金利の今、連中は大口振込と、その口座所有者に対して金融商品を売りさばく事しか考えてないんじゃないですかね?
    基準価格が下落し続けてる毎月分配型投資信託とかトルコ債とか(笑

    とまぁ、私の個人的な推測で何か根拠があるのか?と言われば何にもないのですが…
    メルカリが黒字経営で、もっとコンプライアンス等がきちんとした企業・サービスだったら、手数料の改定はされなかったような気もします。

    eBayと関係ないつまんない話ですいません。

    • 名無しAさん
      お久しぶりです。
      なるほど、結構やばい状態なんですね、メルカリは。

      本来はスタートアップの段階か、規模が大きくなる少し手前で
      コンプライアンスとか諸々厳しく手をつけるべきだったかな、と。

      やっぱりコンプライアンスとかあまり考えない企業だったんですね〜。
      メルカリは発足当初からヤフオクの質問欄にメルカリ運営と思われる人間が出品の勧誘を促すコメントを打ってきたりと強引なやり口はなんだか怪しい感じはしてましたが、結局そういうことになっていくんですね〜、本質的な企業風土はデカくなっても変わえれないっているか。
      なんかメルカリアッテなどのよくわからない類似サービスを増やしてるのも行き当たりばったり感があるし。
      最近はメディアでメルカリは偽物ブランドの対策を厳しくやっているって報道してるけど、偽物ブランドを通報欄から連絡してもなんの音沙汰もなく対応もしていないケースがあったのを思い出しました。

      メルカリはヤフオクよりも高い手数料を徴収しているのに
      振込手数料をユーザーの代わりに負担する力すらない状態とも言えます。

      実感として売り手は少なくなってる感じですね、購入者目線では特に不用品廃棄で出品するようなライトユーザー的な販売者が激減してるような気がします。
      かと言ってヤフオクが息を吹き替えてる感もないので、超ライトユーザーの販売するところが分散してる感じなのでしょうか。。
      そう言ったところをうまくすくい取ってくれる企業が出てきたらネットフリマ界隈がまた面白くなるんですけどねえ。

      • 名無しA
      • 2018年 9月 29日

      イチえもん様
      こちらこそご無沙汰しております。

      >偽物ブランドを通報欄から連絡してもなんの音沙汰もなく対応もしていないケースがあったのを思い出しました。
      単に人的リソースが不足しているのか、判断がつかないから見送っているのか、その辺は不明ですね。
      人手不足でーとか言いそうですが、企業としてどこまでやる気があるのか、というのはありそうですけどね。

      円高の頃、ある会社と共同でBuymaというサービスでちょこちょこブランド物を売ってた頃があるのですが
      あのサービスも以前のメルカリみたいに個人認証がいらない参入が凄い簡単だったのですが、やはり偽ブランド品の問題等があり
      新規参入の場合、登記簿を送らなきゃならないとか、かなり厳しくなっていったサービスでした。
      ちなみにBuymaは出金申請するまで出金しなくてもOKなサービスでした(多分、今もいくらか出金してないで、そのまま保留になってます)。
      まぁ、Buymaはハイブランドは仕入れに対するプロテクションが厳しく、円安もあってさほど利用する価値が自然と減ったサービスではありますが…。

      サービスが厳しくなった分健全化はするのですが、新規参入も減り、個人の販売者が減ると、あとは利益をあげる企業群しか残らなくなりますからね。そのへんは痛し痒しという所でしょうか。

      >本質的な企業風土はデカくなっても変わえれないっているか。
      ですね、楽天とかソフトバンクを見ても、会社の規模は凄くとも、本質は創業時とあんまり変わらないかなーと思います。

      >なんかメルカリアッテなどのよくわからない類似サービスを増やしてるのも行き当たりばったり感があるし。
      私がWEB屋をやってる時代も今もWEBサービス全体的にそうなんですが、
      WEBサービスを提供する人はとにかくローンチ優先という言い方が多く、リリース優先で残りは後から考える、欠陥が見つかってもアップデートも後からすれば良し、という考え方が強い気がします。
      仮に重大な欠陥(セキュリティバグ)があっても、セキュリティアップデートを提供しますので大丈夫です、みたいな。
      作る側もキッツキツの納期を迫られると、結局上っ面を完成させてとりあえず動いているからヨシ、納品。
      中身の確認は後々でーみたいな考えだったりします。
      カッコよく言うなら「PDCAサイクル」に沿ってやっています、とは言えます。
      サービスの性質上、間違ってはいないのですが…。
      まぁ、CAはだいたい過小評価されてPDPDというサイクル陥る事も多いんですけどね。

      これが例えば自動車なら重大な欠陥は即時リコール、イメージ低下、巨額費用負担増となります。
      製造は金型1つとっても行き当たりばったりなんて絶対出来ないですが、WEB系が行き当たりばったりに出来る業種と言えますからね。
      そういう意味で、人気のサービスがあれば引っ張ってくる、とりあえずリリースするという考え方に至るんだと思います。これはヤフオクもそうですけどね。

      もっとも、コインチェックなんかは、問題放置が最悪な結果になったパターンです。
      バグは指摘されていた、でも何か大きな問題が発生している訳じゃないし、後々対応すれば大丈夫っしょ、それより芸能人を使ってTVCMだ!とやった結果がアレです。
      これも同じくスタートアップの段階か、規模が大きくなる少し手前で手をつけていれば…というものですね。

      なんとなくWEB系サービスの浮き沈みが激しいのはこういう部分もあるような気が個人的にはしてます。

    • 名無しAさん

      サービスが厳しくなった分健全化はするのですが、新規参入も減り、個人の販売者が減ると、あとは利益をあげる企業群しか残らなくなりますからね。

      どうなんですよね〜。
      結局ヤフオクも業者ばっかりになってきたりしてますし、Amazonも然りですね。
      2012,3年くらいまではAmazonマケプレも個人出品者が多くてカオスな感じが面白かったですし。
      eBayなんかも今より緩かった時代の思い出が残ってたりすると、今から新規参入ってなると私も今と同じように軌道に乗せられていたかわかりません。
      日本はヤフオク→Amazonマケプレ→メルカリときて、、、次は中華系のサービスが来たりするのでは?って勝手に妄想しています。

      CAはだいたい過小評価されてPDPDというサイクル陥る事も多いんですけどね。

      PDCAサイクル懐かしいです笑
      私も中小企業の雇われ店長をしていた時代に本社のPDCAとか医学用語からきたSOAPとか言われて営業報告書を出せとか言われてました。
      ただ本社自身がやれって言ったきりでPDCAができてなかった気がしますが笑 2代目社長の思いつきが酷い会社でした。
      私は脱サラ後に個人事業でやって軌道に乗せるまでにPDCAを意識したことはないですが、今考えると自然とやっていた気がします。
      自分ごととして仕事を考えればPDCAをやりゃなきゃ生きていけない、けど雇われの会社員からすればPDCAをやっているアピールが仕事になる感じですね。
      私は小売サービスで技術系には全く無縁でしたが、会社って経営者と雇用者の関係性上でやっぱり似たような感じになるんですね。

201612/7

eBay、PayPalでバイヤー登録住所が間違っていたと発送後に発覚したら??

こんにちは!イチえもんです。 今回はeBay輸出でバイヤーが登録した住所が間違っていたと発送後に発覚し、住所が間違…

20168/16

米軍基地宛に荷物を送るにはAPO/FPO方式。〜日本国外の場合〜

こんにちは、先日実家に帰省して田舎と甥っ子姪っ子に満喫してきましたレイです。 なにあの可愛さ、卑怯よw さて今日…

20176/20

eBayのPromoted Listings を在庫数1でも実施する方法

こんにちは。 今回はご質問が多かったのでPromoted listingsのやり方について記事にしておきたいと思います。 まずは…

20163/9

LOHACO(ロハコ)を利用しています その1 〜ダンボールなどの購入に便利です〜

こんにちは、本日も出不精のレイがやってきました。 よろしくお願いします。 今日は海外へ送っている荷物のダンボール状態ともっぱらお世話…

20162/3

クラウドワークスで作業を外注化 (1) メリット/デメリットについて

今回の記事はインターネットで作業を外注/依頼するクラウドワークスでの外注利用についてです。 なるべく簡潔に話しをし…

20161/29

Google英語翻訳でeBayメッセージの英文を作る時の一番のコツ

ほとんどの日本人は英語が苦手だと思います。 なので、多くの日本人のeBayセラーは英語翻訳ソフトを使うと思われますが、日本語翻…

20176/26

商品倉庫用に除湿機を設置, Amzdeal 除湿器 容量1500ml XROW-800A

有在庫でebay輸出を始めて5年、今の事務所に仕事場を移して2年、 ずっと気になってました。 梅雨から夏…

20163/1

やよいの青色申告オンライン その1 〜確定申告をしました編〜

こんにちは、今日はめずらしく絵を描いている方のレイが出てきました。 改めまして初めまして。 今日は弥生会計の…

20164/12

eBayで…追跡は「お届け済み」なのに「届いてない」と言われたら。その1

これは初めてのケースです。 今まで「追跡情報は途中で止まっていてお客様に商品が届いていない」というケースはありまし…

20165/31

eBayで未着ケースをエスカレーションされた結果 (1)

こんにちは、イチえもんです。 今回はeBayでtracking infomarion上では「到着」になっている商品が未着としてバイヤー…

20173/20

郵便局員とのバトル! 国際郵便書留の調査請求〜賠償請求 (2)

前回に引き続き国際郵便のAIRMAILやSAL便の書留の調査請求と損害賠償請求についての郵便局員とのバトルについてです。 前回こちら→…

ページ上部へ戻る