このページを共有する

掲示板の新しいトピック


Instagram
リアルタイム反映のお届け日数表 発送実績をリアルタイム反映した
お届け日数表を随時更新してます。

© eBay夫婦の相談掲示板〜輸出/国際郵便トラブル All rights reserved.

バイヤーブロックについて

ホーム eBay/国際郵便 相談掲示板 バイヤーブロックについて

このトピックには1件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。2019-04-21 at 10:45 イチえもん さんが最後の更新を行いました。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #8150 返信

    クロケン

    いつもブログ拝見させて頂いております。
    本日は悪質バイヤーさんのブロックについて質問なのですが、私は現在アメリカの他に
    イギリスとオーストラリアにも出品しています。いままで悪質バイヤーさんに遭遇した場合
    アメリカのブロックリストに全て記入していたのですが最近ふと思い立ち各国のリストに
    加える必要があるのではないかと疑問に思いました。
    念のためイギリスとオーストラリアのブロックリストを確認したところ空欄でした。全ての
    国のeBayサイトが連動しているわけではないのですね。やはり各国のブラックリストに
    追記していかねばならないのでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    #8155 返信

    イチえもん
    キーマスター

    こんにちは、クロケンさん
    私はアメリカでしか出品していないので知りませんでしたが、お話をお聞きする限りではUKとAUの方にもブロックリストに入れておいた方が良さそうですね。
    入れておいて何か損するようなこともなさそうですし。
    あまりお役に立てず申し訳ございません。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: バイヤーブロックについて
あなたの情報:


  • バイヤーブロックについて はコメントを受け付けていません。

コメントは利用できません。

20171/24

国際郵便アメリカ宛の保管荷物を日本からUSPSで再送依頼をしてみた。

コンニッチは= 今回はeBayで購入された商品がいつまで経っても バイヤーが取りに行かないので日本からUSPSに再送依頼をしたと…

20177/3

PayPalで未承認でケースオープン、チャージバック請求された。

今回はPayPalでのケースオープンし強制返金された件についての記事です。 簡単に要約すれば、eB…

20172/8

カナダ宛の荷物の追跡番号は全く意味が無い。

[追記 2018年4月3日] 2018年4月現段階で国際eパケットライトだとCanada国内も追跡情報がアップされることが分かりました。 …

20191/7

オーストラリアのGSTについて(掲示板投稿)

しんさん:さて2018年7月からオーストラリア在住バイヤーが低価格商品(AU$1,000以下)を輸入する際にGSTが課されることになりま…

間違った荷物を送ってしまった場合(掲示板投稿)

クロエさん:今回ご相談したいのは、私のミスで間違った商品をアメリカへ書留エアメール郵便で発送してしまったのですが、今朝気が付いて、追跡情…

20195/15

PayPalでバイヤーのメールアドレス(アカウント)を確認する方法

PayPalのバイヤーのメールアドレスを確認する方法 取引の詳細/Transaction detailページの[issue a ref…

20177/24

オーストラリア郵便サイトで未着/遅延の調査請求を直接で出す。

こちらの記事の方法はオーストラリア郵便の仕様変更により現在では利用できなくなっています。仕様変更された箇所についてはコメント欄のやり取りを参…

201810/14

【PayPalオープンケース】返送詐欺バイヤーとの戦い。勝ちか負けかビミョー

こんにちは、イチえもんです。 今回はeBayで販売した商品をPayPalで「商品が異なる」でオープンケースされ返送詐欺にあった件です。…

20192/26

Fiscal ID(掲示板投稿)

ともはさん:メキシコのバイヤー様から、荷物(EMS) の受け取りにセラーの住所とFiscal IDが必要だと税関にいわれていると連絡が来…

20195/8

イギリス(UK)の返品詐欺などのネット犯罪の通報先

いつも情報提供いただいているちまちまさんのブログ記事へのコメントが有用な情報そうだったので困っている人が探しやすいように掲示板に転載して…

20173/20

郵便局員とのバトル! 国際郵便書留の調査請求〜賠償請求 (2)

前回に引き続き国際郵便のAIRMAILやSAL便の書留の調査請求と損害賠償請求についての郵便局員とのバトルについてです。 前回こちら→…

ページ上部へ戻る