(VAT) EU/ヨーロッパの付加価値税について

  • このトピックには118件の返信、2人の参加者があり、最後にわらびもちにより2021年9月16日 at 18:12に更新されました。
19件の投稿を表示中 - 101 - 119件目 (全119件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #17990返信
    メアリー

    ベルギーへ送ったePacketですが、国際郵便マイページで発送ラベルを作成した際、IOSSナンバーをバイヤー の住所欄と税関告知書/インボイス備考欄、TAXコード・VAT番号のところにも入力し、インボイス も添付して送りましたが、ベルギーポストでVATも再請求されました。
    バイヤー側は、ベルギーポスト(Bpost)に修正申告をオンライン上で依頼したようですが、通関されずに止まってしまっていると連絡が来ました。追跡情報をBpostで見てみると、修正申告をしてから1週間経っていますが、まだ通関されず止まってしまっているようです。original 136F document validatedかどうか尋ねられたと言っていました。

    東京国際に問い合わせたところ、私が最寄りの郵便局から発送した数時間後に、通関電子データがベルギー側へ送信されたことは確認できたとのことですが、再送信はできないとのことでした。現時点で日本郵便側でできることはなく、ベルギーの受取人がベルギーポストにebayでVATをすでに支払済であり、IOSS番号も発行されているとのこと、伝えてもらうしかないと言われました。

    東京国際の方が、通関などの専門部署と国際マイページの方に確認を取ってもらったところ、、ベルギーとドイツでIOSSナンバーの情報を含めて発送していたにもかかわらず、二重課税が起こってしまっているとおっしゃていました。どうやら、IOSSの項目に情報が登録されて電子送信されいないと、VATが請求されてしまうらしく、現時点では、専門部署が、国際マイページで、IOSSの項目はなく、これからを作る準備をしているとの情報でしたが、実際にいつ追加されるかは、まだ分からないとのことでした。

    バイヤーへは、郵便局で発送した際の、発送ラベル、インボイス 、税関申告書とebayの取引履歴のページを送って、Bpostに連絡をして、交渉してくれるようお願いしましたが、どうなることやら・・・・

    また経過が分かりましたら、情報をシェアさせてもらいます。

    7 いいね!
    読み込み中...
    #18031返信

    メアリーさん
    かなりの詳細で貴重な情報を共有いただきありがとうございます。

    IOSSの項目に情報が登録されて電子送信されいないと、VATが請求されてしまうらしく、現時点では、専門部署が、国際マイページで、IOSSの項目はなく、これからを作る準備をしているとの情報でしたが、実際にいつ追加されるかは、まだ分からないとのことでした。

    これは今のところはデフォルトで二重課税される仕様で、発送者側で対応のすべがないし、改善の目処が立っていないってことになるってことですね。。

    なんだか無茶苦茶ですね。発送者/輸出者の対応にも限界があるので各国の機関がしっかりと主導して欲しいもんですね。

    いいね!
    読み込み中...
    #18170返信
    no name

    先日、ベルギーへ発送しましたが、IOSS番号が未記入もしくはエラーがあるという判断をされ、二重徴収されてしまいました。
    受取人様は、まだ気づいておられないようで、発送元の私の方から、pbostへ様々な記録を添付して発送したのですが、どうやら受け入れてもらえなさそうで、送り返されるのを待つしかないのかな………と諦めております。
    こちらの記事を見て、各国の郵便局のインボイスにvat/tax idを入れるところはあっても、IOSS番号を入れる場所がない…と書いてあって、ええ〜!となってしまいました。VAT/TAXのところに入力しても電子データとして向こうで認識していないのでしたら、意味がないですね。
    bpostは、結局、電子データとして記録がないので、送った書類等の証明を受理できないため、受取人が現在徴収されているVATと手数料を払うしかないそうです。

    1 いいね!
    読み込み中...
    #18171返信
    にゃ

    初期の段階としてはIOSS番号をパッケージの外側もしくは出荷ラベルに表示するという話でした。

    これはハンガリーのバイヤーも言っていたことです。

    この流れから住所2に表示するという形になったと思われます。

    しかし、住所2にIOSS番号を入力するということをEUから指定はされていないので、これは日本側の勝手な解釈と判断されている可能性があります。(日本郵便もそのような指示はしていない)

     

    もう少し情報を確認する必要があるのですが、UPS/DHL/FedExでは出荷ラベルにIOSS番号を表示しない仕様となっています。

    また、2021年8月の新規制により、インボイスにもIOSS番号を表示しないように運送業者にEUから指示があったようです。

    IOSS番号は輸送業者が電子データとしてのみ使用するというのが原則らしく、そのため、通関電子データとしてIOSS番号が送信されている必要があるようです。

    つまり、インボイスへの入力があったとしても、宛名国の税関が採用しなければ無効となってしまいます。

    対応を統一するのであれば、EUのすべての国でインボイスや出荷ラベルへの入力は無効となる可能性のほうが高そうです。

     

    結局のところで通関電子データで有効となる項目にIOSS番号を入力する必要があるのですが、現状としては日本郵便が対応していないので厳しいですね。

    DHLやFedExを使う以外は確実な対応はなさそうな雰囲気です。

    10月1日以降でEUの通関が強化された場合、国際郵便での発送では二重課税や日本への返送がかなり増えてしまうかもしれません。

     

    3 いいね!
    読み込み中...
    #18172返信

    先日万国郵便連合の事務局長トップに日本人が座ったので少しでもなんとかしてもらえないもんですかねぇ…(´・ω・`)

    1 いいね!
    読み込み中...
    #18178返信
    no name

    にゃ様
    詳しい情報ありがとうございます。参考になります。

    原則、電子通関データとしてしかIOSS番号を認めない…ということで、もし電子通関データとして国際郵便の情報が現地で反映されていないと未徴収扱いになってしまう、ということですね…。国際宅配便しかEUには送れなくなってしまいますね。

     

     

    ちなみに、

    日本郵便の担当者の方からも返事が来ました。
    「お問い合わせいただきまして、ありがとうございます。
    国際郵便マイページ事務局 日本郵便のXXと申します。

    お申し出いただきましたベルギー宛ての国際郵便物につきまして、XX様がご利用になられました郵便物のデータを調査いたしました。

    こちらのデータについて備考欄にIOSS番号の記載をいただいておりますが、ご指摘の通りベルギーの税関でこの番号が認識されておらず二重課税状態となっておりXX様には多大なご迷惑をおかけしております。

    誠に申し訳ございません。

    私どもとしてもこの状況を改善するべくEU当局との交渉を続けておりますが解決にはしばらくの時間が掛かることから、これ以上XX様に不利益をお掛けしないように、誠に恐縮ではございますが国際郵便物でのIOSSを用いた納税を控えていただきますようお願いする次第でございます。

    明日、弊社WEBサイトにも同様の情報を掲載させていただく予定ですが、どうかご理解の程お願い申し上げます。

    またXX様はEU地域への比較的軽量な荷物の国際郵便を多くご利用いただいておりますので代替となるか分かりませんが、弊社商品でUGX(ゆうグローバルエクスプレス)という国際宅配便のサービスでしたらIOSS番号を用いて配達が可能でございます。https://www.post.japanpost.jp/int/UGX/index.html 

    こちらの商品ですが、弊社HPでは定価の料金しか掲載しておりませんが、ご出荷数に応じたお値引きも可能となっておりますので、ご用命の際は弊社営業担当までお申し付けくださいませ。
    (営業担当への問い合わせはこちらになります。https://www.post.japanpost.jp/cgi-visit-receipt/index.php?f=form&act=init )」

     

    ということで、問題解決には、まだまだ、時間がかかるんですね…。IOSS番号が各国で反映されていないと、国際郵便を利用してEUに発送する事が難しくなる事が増えそうです(涙)

    いいね!
    読み込み中...
    #18179返信
    pon

    EU向けは厄介ですね
    EUの中でも国によって対応の違いもあるようですし。

    ドイツに何件か送りましたが問題なく通関しました(ピックアップに引っかからなかっただけかもしれませんが)
    二重課税を課されるもバイヤーからIOSS番号を伝えることで事なきを得る国もあれば
    一方ベルギーはそれすらも許されず厳格に制度を適用していると

    問題だらけな上にさらにはebayにVATの手数料まで取られるというね・・・

    1 いいね!
    読み込み中...
    #18181返信
    まさ

    ベルギー厄介ですね。
    bpostのサイトで送った荷物の通関情報を確認出来るのですが、
    bpostってクーリエと変わらない金額の通関手数料取るんですね。
    EMSだと手数料取る国あったと思いますが、
    eパケットで€15とは...

    1 いいね!
    読み込み中...
    #18182返信
    かつお

    eBayの掲示板でもベルギーの通関の件が話題になっていました。VATの2重払いに関してeBayに抗議すると、一部返金があったと書いてる人もいます。(通関手数料の15ユーロは返金不可のよう)

    とりあえずベルギー宛はしばらく受け付けずに様子を見ようと思いますが、ヨーロッパ宛の郵送どうしたものかと悩みます。今のところイギリス、フランス、ドイツ、オランダは特にバイヤーから何も言われてないので、問題なかったようです。上の掲示板の書き込みによると、フィンランドもヤバそうです。

    1 いいね!
    読み込み中...
    #18183返信
    にゃ

    過去に二重課税が発生した国

    ハンガリー(1回のみであとは問題なし)

    ブルガリア(1回のみであとは問題なし)

     

    問題のなかった国(そのように思われる国)

    イギリス

    ドイツ

    フランス

    イタリア

    オランダ

    スイス

    ノルウェー

     

    今のところはこんな感じですが、今後についてはわかりません。

    通関手数料が値上げされている国も増えているようです。

    また、ebay上ではスペイン扱いのカナリア諸島ですが、関税は7%で通関手数料は30ユーロとのことでした。

    フランスはEMSの通関手数料が20ユーロでした。

     

    日本郵便が公式に国際郵便でIOSSでの納税について対応出来ないと発表をした場合、二重課税発生時の責任はセラー扱いにされる可能性があります。

    問題を認識しながらその発送方法を選択したのはセラーなので、ebayとしては救済できないとなるかもしれません。

     

     

    1 いいね!
    読み込み中...
    #18185返信

    Ship&coのサイトに下記の文言がありました。

    6. DHL Express: 2021年8月3日更新:2021年8月1日より、DHLは欧州連合(EU)からの要請により商業送り状へのIOSS番号の表示を中止しました。IOSS番号は個人情報とみなされ、表示すべきではないとのことです。(他のエクスプレス会社も、今後同様の措置をとると思われます。)

    https://support.shipandco.com/hc/ja/articles/4402611592729-IOSS%E7%95%AA%E5%8F%B7%E3%81%A8EU%E5%9C%8F%E3%81%B8%E3%81%AE%E8%BC%B8%E5%87%BA%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

    これ、「IOSS番号は伝票のどこにも表示しない」をひっくり返して考えると「伝票上にIOSS番号を記載しても通関で確認しないよ。」ってことにもなる。

    日本郵便のシステムがIOSS番号の電子送信に対応してないにしても、代替案さえ全くなく詰んでる状態。日本郵便はサジを投げてるね。

     

    この文章はShip&Coサイトのみの発信でDHLページ上では見つかっていないようです。

    また「IOSS番号は個人情報」と記載してますがIOSS番号はeBayならeBayセラー全員に共通のI番号ですので、個人情報ではないですね。。

     

    いいね!
    読み込み中...
    #18187返信
    きのこ

    こんにちは
    私は、9月の3日と9日にオランダに送ったEパケットが通関手続き中になっています。いままでは、この表示が出ることは
    ほとんどなかったので、手続きに時間がかかっている、もしくはこれからなにか起きる可能性があるのかと見守り中です。こちらは、金額も小さい小物です。これ以上コストがかるとなったら、こういう低額の小物を売ること自体が不可能だなと思っています。

    いいね!
    読み込み中...
    #18189返信
    丹波篠山

    現在、電子商取引での販売品をEU域内へ発送する際、IOSS※の制度を利用した事業者さま(差出人さま)が国際郵便マイページをご利用いただき、税関告知書備考欄や差出人名欄に入力いただいたIOSS番号が現地郵便事業体および税関において認識されず、受取人さまにVAT(付加価値税)をご負担いただく事例(二重課税)が、ドイツ等一部のEU加盟国で発生しています。

    二重課税を避けるため、誠に恐れ入りますが国際郵便をご利用いただく場合はIOSSの制度を利用した事業者さまによる事前のVAT徴収および納税を控えていただき、従来どおり名宛国に到着した郵便物への受取人さまによる関税等納付の手続きをご利用いただきますようお願いいたします。なお、この場合、従前のとおり現地輸入通関時に課税となり、現地税関または現地郵便事業体が受取人さまからVATを徴収する手続きとなります。

    IOSSの制度の利用をご希望の事業者さまにはご不便をお掛け致し申し訳ございません。現在、IOSSの制度をご利用いただけるよう準備を進めているところです。

    1 いいね!
    読み込み中...
    #18190返信

    リンク貼っときますね。

    【事業者さま向け】国際郵便を利用したEU域内への発送について

    https://www.post.japanpost.jp/int/information/2021/0916_01.html

     

    事前のVAT徴収および納税を控えていただき

    →eBayセラー「自動徴収されてるんですけど!!」

    以前には郵便局は「伝票のどこかか段ボールにIOSS番号を書いておけばOK」みたいなこと言ってたな。。
    これ郵便局がIOSSのことを事前に全く調べずにシステム対応をしなかったことへのツケを客に回してる感じなんかな。。

    いいね!
    読み込み中...
    #18191返信
    cookie

    オランダやドイツもですか。。。
    担当者やバイヤーの立ち振る舞いで変わるんですかね(^-^;運に任せろと?

    いいね!
    読み込み中...
    #18192返信

    EUは2021年7月1日からのVAT施行からなのに二重課税トラブルの声がそこまで上がってきてないところを見ると、ある程度は(もしくは多くは)VATチェックがスルーされているのか、もしくは箱に記載したIOSS番号が有効と判断されていたか、ですね。
    ただ9月に入ってVAT二重課税の声が増えてきているように思えるので、9月以降に本格的に取り締まっていくのかもしれません。

    1 いいね!
    読み込み中...
    #18193返信
    no name

    ドイツの購入者の住所欄にいつものIOSS番号が掲載されないようになってる。
    何かebay側で動きがあったのかも?

    いいね!
    読み込み中...
    #18194返信
    にゃ

    7月の段階ではIOSS番号をパッケージもしくは出荷ラベルの余白に表示で通っていたと思われます。

    二重課税が発生したハンガリーのバイヤーがハンガリーの税関の情報をURLで教えてくれていました。

     

    8月に規制が追加されたとの情報があります。

    この時点から二重課税が増えた可能性はあります。

    https://community.shopify.com/c/international-commerce/adding-ioss-number-to-ups-and-usps-shipping-labels/m-p/1272822

    UPS(DHLおよびFedExも同様)は、出荷ラベルにIOSS番号を表示しません。

    2021年8月以降、欧州委員会は新しい規制を追加し、通関請求書にもIOSS番号を表示しないように運送業者に依頼しました。
    IOSS番号は、通関のために運送業者が「電子的に」のみ使用する必要があります。

     

    7月以降、国際郵便では100個弱をドイツに発送しています。

    今のところクレームはなく、二重課税がおこなわれたような履歴も確認できません。

    ただ、IOSS番号を入力しなかったり、番号が途中で途切れた場合などは課税されると考えられます。

    ebay上で表示されているIOSS番号、VAT Paid : IOSS – IM2760000742 を州名の欄に入れた場合、文字数オーバーで途切れてしまいます。

    TAXコード・VAT番号でも同様です。

     

    個人的には10月1日からのEUの通関電子データの要求強化が気になっています。

    例えば現時点でドイツなどは通関電子データを重要視していない可能性があります。

    これが10月1日以降、通関電子データベースでの処理に変更されるのであれば、EU宛の国際郵便ではIOSS番号の運用が出来なくなってしまいます。

    https://www.post.japanpost.jp/int/information/2021/0811_01.html

     

    ちなみに、今日の販売でドイツのバイヤーの住所にはIOSS番号は表示されていました。(150ユーロ以下)

     

    いいね!
    読み込み中...
    #18197返信
    わらびもち

    以前イチえもんさんやにゃさんにアドバイスいただいて、IOSSシールを作って告知内容欄に貼り付けるやり方で対応しているのですが・・・はて、これからもそれでいいのかどうなのか・・・やれやれです。なんのための税関電子データなんでしょうかね。
    あと、アイルランドも面倒くさくなってますね。私は取引も少ないので除外にしちゃいました。弱小セラーは身軽です。

    いいね!
    読み込み中...
19件の投稿を表示中 - 101 - 119件目 (全119件中)
返信先: (VAT) EU/ヨーロッパの付加価値税について
あなたの情報: