このページを共有する

掲示板の新しいトピック

最近の掲示板への返信


Instagram
リアルタイム反映のお届け日数表 発送実績をリアルタイム反映した
お届け日数表を随時更新してます。

© eBay夫婦の相談掲示板〜輸出/国際郵便トラブル All rights reserved.

未着ケースについて

ホーム eBay/国際郵便 相談掲示板 未着ケースについて

  • このトピックには6件の返信、1人の参加者があり、最後にともはにより2019-12-25 at 12:34に更新されました。
7件の投稿を表示中 - 1 - 7件目 (全7件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #8802 返信
    ともは

    いつも拝見して勉強させていただいています。

    下記のようなオープンされた未着ケースについて、どのような対処をされているか教えていただけないでしょうか。

    今回、追跡番号の最新情報では宛先国(ポーランド)ですでに荷物に関する通知が届いているとなっています(発送後10日ほどで)。おそらく留守だったのか関税のための通知ではないかと思います(申告価格は数千円程度です)。しかし、バイヤーは荷物は郵便局にもなく、日本に返送されているのではと言うことで返金を求めています。発送からちょうど二ヶ月です。
    保管期間は15日となっているようなので、返送されていれば追跡情報になにか新しい情報があってもいいかと思うのですが。
    調査請求提出しますが、返答はいつになるか見当も付きません。このような場合、どう対処されているのでしょうか。お忙しいとは存じますが、どうかアドバイスよろしくお願いします。

    以前、イギリスやドイツで同様なケースがあり返金をした際に、その後すぐに荷物が受け取られてしまったことがあります。その後バイヤーからの音沙汰はありません。

    #8804 返信
    レイ
    キーマスター

    ともはさん

    こんにちは、掲示板のご利用ありがとうございます。

    まずは現状をまとめさせていただきますね。
    ************************************
    [2ヶ月前]
    ポーランド宛の荷物を発送 (EMS?eパケット?SAL便書留?)
    発送から10日程で「保管」状態?(税関か郵便局かは不明)

    [現在]
    「お届け済み」になっていない、「保管」状態?
    調査請求はまだしていない
    保管期限は15日だが追跡は保管のままで「差出人に返送」とはなっていない
    バイヤーにケースオープンされた
    ************************************
    ということで間違い無いでしょうか。
    これを前提に今回はコメントさせていただきますね。

    まずケースオープンに関してですが「お届け済み」になってないのであればほぼ負けるかと思います。
    アメリカ宛の場合だと「Notice left (配達したけど不在)」であればバイヤー側の過失になるので勝てるという情報もありますが、私はまだ経験してないので確実なことは言えません。

    そして調査請求に関してはポーランドだと調査期間は30日だったかな…。
    どちらにせよ調査請求は運が良ければ10日ほどで回答がある場合もありますが、基本的には30日〜60日かかります。
    その為今回すでにケースオープンされているのであれば、その期間内に回答が戻ってくる可能性はかなり低いです。

    その為、現在ともはさんが見られている追跡情報をeBayに直接伝えてこの状態だと勝てるか負けるかを確認されてから返金するかどうか判断されてはいかがでしょうか。

    なお、もしうちで今回と全く同じ状況になった場合であれば全額返金している可能性が高いです。

    とりあえず現在出来ることは
    ************************************
    [1] ポーランドの郵便事業体で追跡を確認する。
    日本郵便で追跡がストップしても各国の郵便事業体での追跡はされていて「Item delivered (お届け済み)」ということもあります。
    念の為一度確認しておいても良いと思います。
    お届け済みになってたらこちらが勝てますしね♪

    Poczta Polska
    https://emonitoring.poczta-polska.pl/

    [2] 調査請求書を提出する
    本当に未着・紛失であれば補償がされるので出しておくことに損は無いと思います。
    (もしeパケットライトで発送の場合は商品に対しての補償はありませんが郵便料金は補償されます)
    ************************************
    これ位かな。

    そして今後に関しては「追跡が止まってから14日動かない (EMSだと7日)」場合は調査請求書を出しておいた方が良いのではと思います。
    (うちは発送から14日位を目処に相手国に入ってない・入ってるけど中途半端な所で動きが止まってる場合様子見つつ即出します)

    上記にも書いておりますが調査請求の回答は遅いです。
    その為ケースオープンの為というより、相手国の郵便事業体に「遅いけどどうなってんの」とハッパをかける意味で出す感じです。
    巷の噂では「調査請求書を出すと荷物が動き出す」とも言われてたりします…といっても確かめようが無いのでどこまでが真実かは分かりませんが。

    あとは「郵便局(税関)に保管されています」という回答があればバイヤーに「保管されてるから取りに行ってね!」「税関に保管されてるから連絡してね!」とこちらから行動を促すこともできます。

    ただ、薄利多売でされているのであれば追跡をずっと追いかけて調査請求書の管理をする方が時間の無駄になるかもしれませんので、ご自身の販売方針と合わせてお考え下さいm(_ _)m

    もし質問内容を読み違えてズレた回答をしていたら申し訳ありません。
    その際はコメントいただけると嬉しいです。

    #8809 返信
    ともは

    レイさん
    本当に丁寧な回答をいただき感謝しています。ebayにも問い合わせ中です。何か進展がありましたらまたご連絡いたします。

    別件:
    eパケットライトの送料って補償されるのですか。以前、行方不明になったeパケットライトについて窓口で尋ねたところ、一切補償はありませんといわれましたので。

    #8810 返信
    レイ
    キーマスター

    ともはさん

    こんばんは、お返事ありがとうございます!
    ケースオープン、大事にならずに済むことを祈ります…!

    国際eパケットライトに関してですが送料は補償されます♪
    郵便局HPには「損害賠償 : 無し」とありますが、あくまでもこれは「内容品の補償に関して無し」との内容です。

    国際郵便約款で詳細を確認すると
    **************************
    ・7の2 国際特定記録とする郵便物を亡失した場合であって、当社が責任を負うべき事由がある場合
    ・差出しの際に支払われた郵便物の料金及び国際特定記録料
    ・料金を支払った日から1年
    **************************
    とあります。

    国際eパケットライトに付いている追跡番号は「国際特定記録」です。
    そして「国際特定記録料」は国際eパケットライトの伝票控えにある「諸料金」欄の金額です。

    最初のお返事で「郵便料金は補償されます」と書いてしまってますが少し間違いでした。(すみません)
    正しくは『郵便料金+国際特定記録料』なので送料全額補償されます。
    (国際eパケットだと書留料金410円は戻ってこないんですが、なぜか国際特定記録料は戻ってくるという謎仕様ですw)

    荷物が紛失されたとなれば荷物を発送した日から1年間は補償期間となります。
    もし以前紛失された荷物の発送日から1年経っていないのであれば今からでも「教えてもらったんですけど」と郵便局に確認しに行っても大丈夫です。

    実際私は1度eパケライトの紛失があったので返金してもらったことがあります╭( ・ㅂ・)و ̑̑

    eパケライトに関しては以前ブログ記事書いたので良かったらご覧ください。
    国際eパケットライトで遅延・紛失には補償がある。

    本来なら郵便局側が客に案内すべき内容ですが郵便局員さんで国際郵便約款まで読んでる方なかなかいないと思うので客側からアピールしないと流されること結構あります。

    それが分かってからは郵便局HPではなく国際郵便約款を自分で確認するようになりました。
    読解力がいる文章が書かれてたりするので頭の中「???」になることありますが、一度理解すれば損をしなくて済むようになりますので自分に必要な所だけでも読んでみるのも楽しいですよ(´∀`*)

    #8812 返信
    名無しA

    ともは様

    過去に似たような事がアメリカとイスラエル宛てでありましたので当方の参考情報をして記載致します。

    基本的にeBayは追跡情報の状態で判断します。

    荷物が返送の表示がされている場合は100%負けます。
    この場合、何をやってもダメです。
    Defectが付く前に返金しちゃった方が良いです。

    問題は、返送情報がなく保管中になっている場合で、保管期間的には返送になっているが郵便局で保管状態になっている場合、エスカレーションされても、うちは100%勝ってます。
    レイ様のおっしゃる通り、最終表示がNotice Leftになっている場合(Return to senderになっていない)、また、イスラエル等では、バイヤー住所の最寄りの郵便局で保管になっている場合などで、ケースが開かれる問題がありました。

    アメリカやイスラエルで、保管期間切れで日本に戻ったと郵便局が言っているからお金返してとメッセージがきても、いや、保管になってるからとやり合い、相手がエスカレーションしてきた場合は一旦負けます(ほぼ自動的に判定してる感じがしてます)。

    で、eBay.comのサポートに状況の説明、まだ保管の表示がなっているから確認してよ!と送ると we decided to reverse the outcomeとなります。
    (もちろん、やり取りやら、相手国の追跡情報等をきめ細かく書いて、じゃあどうすれば良かったのですか?的な感じにして、こういう場合はエスカレーション後に逆転で100%勝ってきました)

    保管期間切れでも追跡情報・状態を見て保管中で且つ勝てる場合は、返送表示がされていないで且つバイヤーの住所近くの郵便局で保管中、又は関税の支払い待ち表示がされる(イギリスなど)という場合は、これはここ数年の経験上、全戦全勝しています。

    どの国でもそうですが、ジャッジすべきポイントは「明確に返送されている」のか「最寄り郵便局よりも前の保管地で保管中(つまり輸送の過程)」なのか「バイヤー住所の最寄り局で保管中」なのかです。
    郵送中(バイヤー住所から明らかに遠い場所での保管)等では100%負けます。
    また、きちんと保管の表示がされない(どこにあるんだか調査請求をしないと分からない)ドイツ等では、仮に本当に地方税関等で保管だったとしても、WEB上で確認出来ないeパケ等では100%負けますのでご注意下さい。

    eBay Japanのサポートなんかは、とにかくDefectがつかないように、エスカレーションされないように等のサポートがされますが、自分はエスカレーション後のアピールでの逆転勝訴・敗訴がだいたい分かりますので、勝てると見込んでいる場合はエスカレーションしてみろや、という感じでやりあいます。

    なお、過去に数回あったのですが、郵便局で保管状態になっているが、郵便局が無くしたと言っている(追跡は変わらず)の場合は、調査請求を出して、回答を待ってくれた上で亡失回答がきた場合はきちんと返金します。

    待ってくれと頼んでも待たずにエスカレーションしてきた場合は、上記対応により逆転勝訴出来ます。その後、亡失回答がきたところで、返金はしてません(保管/書留と合わせて二重取りさせてもらってます)

    ともは様の場合、確実な情報がないので明確な回答は出来ませんが、送料を除いて返金にするか、どうかとかの交渉も事前にしておいて、送料除いてOKなら調査請求回答後に返金しますし、ぐだぐだ言うなら、エスカレーションされても勝てるかどうかの見極めで判断しますかね。

    ご参考下さい。

    レイ様

    最近は、うちのやり方パクって焼き畑やる新規参入者が増えてきて、今年はPayPalの手数料も上がりましたし、梱包資材も上がるは、オーストラリアのGSTだけでなく、アメリカのTAX、さらに徴収した税金にPayPalが手数料かけるとか、今後eBayを続けるかはちょっと微妙な感じになってきました。単価下がって、手数料抜かれすぎてて、なんだかなーと思う日々。

    まぁ、すぐにやめるという事はないですが、高関税のヨーロッパ等が同じようにオーストラリアやアメリカのように事前にTAX適用の場合は、単価も購買数も減るのかなーみたいに思ってます。事業転換期に来てるかなーなんて思う日が増えました。

    #8814 返信
    レイ
    キーマスター

    名無しAさん

    今回もとても参考になる情報をありがとうございます!m(_ _)m
    全戦全勝は凄いですね!!
    バイヤーの最寄り郵便局での「保管中」であればバイヤーの落ち度とeBayは理解してくれるのはセラーとしては助かります。
    (正直いうとエスカレーションの時点でセラーの勝ちにしてくれよという気持ちはめちゃくちゃありますがw)

    今年は全体的に無駄に出ていくお金が増えましたね。
    税や手数料によって殺されていくのでは無いかというレベルで持っていかれている気がします。
    サービスは変わらないむしろ悪化してるのに手数料や税だけ高くされてはなんの為に働いているのか意味が分からなくなってきます。

    「働いたら負け」

    先日この言葉が頭をよぎりました。
    誰が言ったか知りませんがうまいこと言ってるなと改めて関心してしまいますw

    うちはこれからも超小規模で細々と自社サイトを伸ばしつつがんばっていきます( *• ̀ω•́ )b グッ☆
    出来ればeBayを半分ほど卒業出来ればいいなと思ってます。
    そしたら商品真似られて焼畑するにわか参入者の被害に合うことも減るかなって。

    #8832 返信
    ともは

    レイさん、名無しAさん

    お返事が遅くなりごめんなさい。(体調がよくなくて・・・)
    両方ともとても具体的で役立つ情報ありがとうございました。また名無しAさんのやりとりには脱帽です。真面目なセラーにとって理不尽な判断されるとめげてしまいそうになります。

    結果的には、未着ケースオープン後数日して返送表示に変わりましたので、ケース上で返金しました。送料込み商品で実送料も大きくなかったのでそのまま全額返金してクリアにしました。ebayからのメッセージにも速やかに返金したほうがいいよ的な内容の返信がありました。現地国の追跡情報で頻繁に確認していましたが、タイミングからおそらくバイヤーは保管期間を分かった上か受取拒否後に、ケースオープンしてきたような感じかなと思いました。

    以前、関税未払いまたは拒否が見られたので最近は発送後に御礼メッセージとともに関税支払い義務を一言とそのリンクをそえて送っていました。それでか最近は関税に関するトラブルが減っていました。それでもそれを悪用するバイヤーがまれに見られます。

    税金に関する手数料は、これまた痛いですね。そんななかバイヤーさんからの感謝メッセージを原動力にがんばってます。

    あらためて御礼申し上げます。

7件の投稿を表示中 - 1 - 7件目 (全7件中)
返信先: 未着ケースについて
あなたの情報:


  • 未着ケースについて はコメントを受け付けていません。

コメントは利用できません。

201612/7

eBay、PayPalでバイヤー登録住所が間違っていたと発送後に発覚したら??

こんにちは!イチえもんです。 今回はeBay輸出でバイヤーが登録した住所が間違っていたと発送後に発覚し、住所が間違…

20175/1

ドイツ宛の多くのEMS発送の荷物が追跡情報で「保管」となる件

ドイツは税関が厳しい、という話は昔からよく聞きました。 EUの中でも最近はイタリアが税関強化していますが、今後は税関最強国ドイ…

201810/14

【PayPalオープンケース】返送詐欺バイヤーとの戦い。勝ちか負けかビミョー

こんにちは、イチえもんです。 今回はeBayで販売した商品をPayPalで「商品が異なる」でオープンケースされ返送詐欺にあった件です。…

20173/20

郵便局員とのバトル! 国際郵便書留の調査請求〜賠償請求 (2)

前回に引き続き国際郵便のAIRMAILやSAL便の書留の調査請求と損害賠償請求についての郵便局員とのバトルについてです。 前回こちら→…

eBay輸出で国際郵便の荷物が届かない時の対応 (3)郵便物の紛失時の「賠償請求」について

前回は国際郵便のAIRMAIL書留/eパケット,SAL便書留、,EMSなどの追跡情報が更新されない時などに提出する調査請求書についてお話しし…

20179/4

eBay輸出でこのバイヤーもしかして詐欺じゃね?って思った時

イチえもんです。 今回は実際にイチえもんが経験したものではなく、eBay Communityで話題になって…

20195/15

PayPalでバイヤーのメールアドレス(アカウント)を確認する方法

PayPalのバイヤーのメールアドレスを確認する方法 取引の詳細/Transaction detailページの[issue a ref…

20161/3

eBayやってみたいんやけど、難しい??に対する素敵な回答

脱サラしてeBay輸出を始めてからかれこれ3年過ぎました。 ウーーン早い! そんなこんなで3年もやってると数々のトラブルを経て …

20177/31

国際郵便書留の調査請求に対する「嘘」回答と受領サイン請求

国際郵便の荷物の追跡情報が更新されない、一向に届かない時に調査請求を提出しますよね? ちなみに調査請求については過去の記事参照 …

20172/8

カナダ宛の荷物の追跡番号は全く意味が無い。

[追記 2018年4月3日] 2018年4月現段階で国際eパケットライトだとCanada国内も追跡情報がアップされることが分かりました。 …

20195/8

イギリス(UK)の返品詐欺などのネット犯罪の通報先

いつも情報提供いただいているちまちまさんのブログ記事へのコメントが有用な情報そうだったので困っている人が探しやすいように掲示板に転載して…

ページ上部へ戻る