eBayのLate Shipment Defectが間違って付けられる

ストア管理

こんにちはイチえもんです。

セラーダッシュボード内のLate shipment rateが誤って減点されることについてです。

こちらはeBay輸出販売をしている方の全てに関係する重要なことです。

 

 

Late shipment rateの確認方法

まず自分のLate shipment rateを確認の仕方ですが。

セラーダッシュボードで確認できます。Regionの項目は初期でUSAになっていますが、4項目あるので4つとも確認しましょう。

上記の青枠のところが0%でなければ減点されていることになります。

矢印をクリックしてGet full reportをクリックすると詳細画面に移ります。

 

 

 

*アイテム名は青枠で塗りつぶしています。

上記の画面で対象アイテムを確認できます。

イチえもんの場合、アイテムをハンドリングデイ内に100%発送していますので

Late Shipment のDefectをつけられることはないはずなんです。

 

なぜなら、eBay Policyではハンドリングデイ以内に発送すればLate shipment rateでDefectを

付けられることはないと言うルールがあります。

 

Late shipment rateはどんな場合にdefectsになる?

 

要約すると、下記の3つのうち1つでも達成できていればLate shipment とされないのです。

①Handling Day内に商品が出荷されたことを確認できる受付スキャンがある。
②アイテムがEstimated Delivery Date内に配送されたことを確認できる配送済スキャン情報がある。
③買い手は、eBayからのフィードバックの質問に回答し、アイテムが配送が遅れたと返答している。

 

つまり、たとえ①のハンドリンデイ内に出荷できなくても

②のEstimated Delivery Date内に配送されれば、Late shipmentをつけられることはないし、

たとえ②Estimated Delivery date内に配達完了できなくても

①ハンドリングデイ内に発送していれば、Late Shipmentをつけられない、と言うことです。

 

それなのに、何度も何度もLate shipmentのDefectを間違ってつけられます。

その度に間違っていることをカスタマーサポートに伝えて削除してもらっていました。

そして、今回も同様に間違いを指摘し削除依頼したところ、そのカスタマーサポートが

「Late Shipmentは取り消せません、なぜならバイヤーが配送が遅れたと返答しているから」

と答えました。

eBayのPolicyを全く理解していないカスタマーサポートに当たってしまいました。

 

最低最悪なeBayのカスタマーサポート

はっきり言ってeBayのカスタマーサポートは最低最悪です。

間違った案内を平気でして、その間違いをこちらが正しても直そうとしません。

何度聞いても「付けられたDefectは消せない」と言ってきます。

自分たちが作ったルールをシステム不具合で間違った処理をしていることに気づかず

直そうとしない、さらに自分たちでルールを理解していなくて、システムが間違っているはずがないと考え

調べもせずにセラーが間違っていると回答してきます。

そして一度間違ったカスタマーサポートは絶対に自分の間違いを認めません。。

 

なので、また一から質問を初めて違うカスタマーサポートに

Defectを消してもらうようにしなければいけません。

無茶苦茶ですね。。

 

偏見に満ちた[ebayカスタマーサポート]イメージ図w↑
 

 

皆さんも自分のセラーダッシュボードで間違って

Late shipment defectがつけられていないか確認して苦情をあげてください!

みんなで苦情をあげればeBayも改善するかもしれません。。

イチえもんの場合は200件に2〜4件の間違ったdefectがつけられています。

いちいちメールを送るのめんどくさい、早く改善しろ!って感じです。

 

 

 

コメント

  1. うさ男 より:

    はじめまして、初心者eBayerです。
    漫画がとても可愛くて、楽しく読ませて頂いています。

    最近GlobalリージョンでTop Rated Sellerになりましたが、Late shipment rateが4件になり、ただいまリーチです。
    小物の取り扱いが多いので追跡無しのSALばかりで出品してきました。
    最近になって立て続けに不着の問い合わせと「まだ届かないの?」と連絡を受けています。
    そんなこともあり、追跡なしのSALの取り扱いをやめました。今後は追跡無し航空便とeパケット、eパケットライト、EMSでやっていこうと思います。

    Late shipment rateでは4件”Buyer says late delivery”とフィードバックを貰ってしまいました。
    ところで、この計算ってどういうタイミングでやってるんでしょう?
    Globalにおける全体の取引数はもっと多いんですが、”4 of 63 transactions”と表示されています。

    いずれにしても、集計の期間が”Transaction period: Aug 01, 2016 – Jul 31, 2017″となっていますから、Late shipment rateの履歴は1年間消えないのでしょうね。
    どうやら短いTop Rated Seller生活で終わりそうです。

  2. イチえもんイチ夫婦 より:

    うさ男さん、こんにちは。
    私のLate shipment rateを今、確認しましたら3ヶ月間での評価になっていました。何か違うのでしょうか?
    Late shipment rate 期間

    Globalにおける評価は、UKやGermanyなどのRegionが他にある国は含まれていないので少なく感じるのではないでしょうか?

    あと、SAL便は私も書留で使っていたのですが、今年の春でSAL発送を一切やめてしまいました。
    今は全てeパケットで発送しております。
    私も10ドル前後の小物の場合は送料をSAL書留なしなどで設定していたのですが、
    結局、今はやめています、そのぶん送料の方が高くなったりすることもありますが。

    発送のトラブルって一番嫌ですよね〜
    私もeBay5年目ですが、まだヘコむことが多いです。
    また何かわからないことがあったらご質問ください!

  3. うさ男 より:

    イチ夫婦さん、御返事ありがとうございます!
    実績を積むとTransaction periodが3か月になるのかもしれませんね!^^

    今まさにトラブル中でして、追跡付きで送ったのに「届いてない」とフランスの方から言われてしまっています。
    荷物はeパケットライトです。調査請求をしたところ、国際郵便局から「eパケットライトは国際特定記録扱いなので、書留みたく保障が無いので調査請求は出来ない」と言われたと地元郵便局から電話がありました。
    どうやら、追跡情報信じるしかないサービスらしいです^^;

    ちなみに、追跡番号あるのに届いてないと言われた場合、どういうアクション取るべきなんでしょう?
    今のところケースを開かれているのではないのですが、相手方から事と次第ではそうしなければならないと言われてしまっています。

    ちょくちょく寄らせて頂きます!

  4. イチえもんイチ夫婦 より:

    こんばんは〜
    eパケットライトは調査請求できないんですね〜初めて知りました。。

    まず、インターネット上の追跡情報では「お届け済み」になっているのでしょうか?
    もし「お届け済み」であればeBayでもPayPalでもケースオープンされても勝てるはずですね。

    逆にもし追跡情報が「お届け済み以外」であればケースオープンされてエスカレートになれば確実に負けてしまいます。
    なので「お届け済み以外」ならバイヤーにはEstimated delivery dayが切れるまで待ってもらい、期日が来たら返金の流れしかないと思います。

    また何かあればご質問くださいね。

  5. トシ より:

    記事を読ませていただきました。
    自分も、初めて Late shipment rate を付けられてしまいました。

    ハンドリングタイム以内に、発送と受付スキャンは完了していますが、Buyer says late delivery の欄にチェックが付いていました。

    そのバイヤーからは、ニュートラルフィードバックを付けられてしまい、その遅延が原因と思われます。

    ebayカスタマーへ、Late shipment rate の削除を依頼したところ、ニュートラルフィードバックの変更が無いと、Late shipment rate の削除ができない、という意味の返答がありました。

    今回の記事では、ハンドリングタイム以内に発送と受付スキャンが完了していれば、Late shipmentには当たらないと記載がありますが、2019年現在においても、条件は変わっていないのでしょうか?

    変わっていないのであれば、ebayカスタマーへ再度問合せしたいと考えております。

  6. こんばんは、トシさん
    こちらの記事は2016年に書いたもので、今現在のことはいまいち把握していなかったので、調べましたところではLate shipment rateは現在もあまり変わらないルールで運用されていると思われます。
    詳細はこちらのeBay customer serviceのページにあります。

    We’ll only consider a shipment as late if:
    Tracking shows the item was delivered after the estimated delivery date, unless there’s an acceptance scan within your dispatch time or there’s confirmation from the buyer of on-time delivery

    The buyer confirms the item was delivered after the estimated delivery date, unless there’s an acceptance scan within your handling time or there’s delivery confirmation by the estimated delivery date

    とあるのでHandling time内に有効な期限内スキャンがあればLate shipmentにならないはずだと思います。
    *ややこしい言い回しなので、もしかして私の英文理解が間違っている可能性ありますが。。

    ただ2016年時点で私がカスタマーサービスとやりとりして問題だったのはeBayのカスタマーサービス受付も上記のLate shipment rateのルールを理解していないケースがほとんどだったことです。
    彼らはLate shipment rateの修正をfeedbackの修正と思い違いしていたり、Late shipment rateの存在自体を全く知らなかったり、理解しようとしない場合が多かったですね。。

  7. トシ より:

    回答ありがとうございます。

    自分もLate shipment rate の条件を確認したところ、ハンドリングタイム以内に発送とスキャンがあれば、遅延には当たらないという解釈ができると感じております。

    この条件をもとに、再度ebayへ確認します。
    ありがとうございました。

  8. やはりそうですよね〜
    すぐに理解してくれるカスタマーサポートに当たればいいんですね。

タイトルとURLをコピーしました