eBay輸出にてバイヤーのeBay登録住所とPayPal登録住所が違う。

トラブル

eBay輸出にて購入いただいたバイヤーのeBay登録住所とPayPal登録住所が違う場合がまれにあります。

この件についての対応を経験を交えてお話しします。

20160221_1

PayPal登録住所以外には基本的には発送しない

まず最初に注意すべきなのは、PayPal登録住所に発送していないとPayPal保障が受けれないということです。

つまりPayPal登録住所以外に発送した場合に、なんらかのトラブルがあってもPayPalとしては規定外なので対応ができないということです。

なのでまずはeBayのDescriptionにて「PayPalの登録住所にしか発送しない」という表示をしておくことが必要です。

 

 

PayPal登録住所以外の住所に発送してほしいという依頼

PayPal登録住所以外に発送してほしい、というバイヤーはよくいます。

イチえもんの場合は何度かメッセージのやりとりをし、5千円以下の低価格かつやりとりに不信なところがなければ、PayPal登録以外の住所に発送することを承諾します。

これは個人でどうするか決めるのが良いでしょう、あまりにもルールに縛られるのもよくないとイチえもんは考えるからです。

 

ちなみに、PayPal登録住所ではない住所に
「なるべく早く、すぐに」発送してくれ
…と依頼してくる輩がいます。

そういう奴は詐欺です。

アカウントは乗っ取りなどで半日くらいですぐに閉鎖されてたりしますね。

なんらかの違和感を感じたら、相手のペースに乗らずにゆっくり考えるようにしましょう。

 

PayPal登録住所が不完全な場合

支払いのみのPayPalアカウントの場合、住所などの確認はかなり適当なようです。

たまに番地やストリート名などが一切ないPayPal住所もありますね。

なぜこのような不完全な住所が登録されているのか理解できませんが、Google Mapで検索してみると、すごく小さな村などは村人の人数が少ないので番地がなくても郵便局員は名前で配送できる、といった感じなのかな、と思いました。

 

住所がおかしい場合は、まずeBayのメッセージでバイヤーとコンタクトをとりましょう。

「この住所は正確ですか?」と聞いてみるだけで大丈夫です。

そうすると、適当な住所の人は適当な返信で「Okay」などと返答をくれると思います 笑

90%以上の方はきちんと返信してくれるはずです。

一度でも相手に確認したという記録を残しておくことが重要です。

 

もし、バイヤーから返信がなければ、そのままPayPal登録住所をコピペして発送するか、こちらからキャンセルするかになります。

 

 

住所が怪しいバイヤーはこちらからキャンセル依頼する

高額な商品な場合や、バイヤーIDや評価数から見て不信なバイヤーはこちらからキャンセル依頼を送信します。

この場合、もちろんバイヤーの住所に不具合があることが前提です。

 

その場合は下記の通りです。Sold listingから赤枠のCancel orderをクリックします。

スクリーンショット 2016-02-21 15.44.16

 

 

下記のCancel order画面が表示されますので

The Buyer asked to cancel order,

or there’s an issue with buyer’s address.

を選択して進み、確定します。

スクリーンショット 2016-02-21 15.43.56

 

住所にまつわる経験談

以前、イチえもんは購入してもらったバイヤーの商品を発送した後に「登録した住所が間違っていたので変更してほしい」とメッセージがきたことがありました。

もちろんすでに発送していたので、「返送後の再発送するしかない」と伝え1ヶ月後に返送されてきたので、その際に再発送料金を支払ってもらい再発送しました。

 

その後、なんと
「発送が遅すぎる」とネガティブフィードバック
をつけられました。

こちらとしてはPayPal登録住所にきちんと発送しているのです

 

もちろん腑に落ちないのでeBayのカスタマーセンターに事情を説明し、バイヤーとのメッセージのやりとり、荷物の追跡記録を確認してもらいました。

その後、事情を確認したということでeBayの方で悪い評価を取り消してもらいました。

このように、不条理な評価を受けた際には、きちんと証明すればeBayは評価変更をしてくれるようです。

 

20160221_2

バイヤーとメッセージのやりとりをきちんとする、ということは重要です。

ビジネスなので「英語ができない」というのは言い訳にしかなりません。

英語ができなくても「手段を問わずなんとか上手くやる」のがビジネスです。

要領よくできなければ英語を習得するしかない、ですね。

逆に要領のいい人は英語があまり必要ない、のかもしれません。

 

それではまた〜

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました