多くの方に情報を提供いただいています。参考になった/役に立ったという方、ぜひあなたからの情報も書き込みください!!

オーストラリア向けDHL発送の関税について   

eBay,国際郵便 相談/情報共有 掲示板 フォーラム eBay,国際郵便 相談/情報共有 掲示板 オーストラリア向けDHL発送の関税について   

17件の投稿を表示中 - 1 - 17件目 (全17件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #18469返信
    まりあ

    数時間前に書き込みをしたはずですが見当たらず、どこがで重複していたら申し訳ございません。

    スウェーデンから総額14万円ほどの食器を購入したいのですが、高額な関税がかかってしまったらと心配で注文できません。DHLで発送されるようなのですが、関税は掛かってしまいますか?A$299以上は送料無料なのですが小分けに頼んだ方が良いでしょうか?いくら以上は関税が掛かる等、決まりはあるのでしょうか?

    どうぞよろしくお願いします!

    いいね!
    読み込み中...
    #18471返信

    まりあさん

    スウェーデンからオーストラリアに14万円相当の食器を輸入するケースということですよね?

    関税については下記の文章が参考になるかもしれませんね。

    On most products imported into Australia, customs duty is 5% of the value of the goods converted to Australian dollars, but this is dependent on the type of goods.

    https://intas.com.au/importing-business-goods-australia/

    つまり関税5%を税関から請求されるのではないかと思います。

    今回の商品はAU$1,000を超えるのでGST(消費税)10%がオーストラリアの税関から合わせて請求されると思われます。

    つまり関税5%とGST10%で商品代金に対して15%くらいが予想されます。

    14万円なら2〜3万円くらいってイメージでしょうか。

    また関税の徴収手数料も別途かかるかもしれません。

     

    上記のURLサイトはかなり丁寧に説明しているので是非お読みください。

    明確な関税額を事前に知りたい場合は、オーストラリア税関や通関業者に聞くしかないと思います。

     

     

     

    いいね!
    読み込み中...
    #18472返信

    回答忘れで追記です

    A$299以上は送料無料なのですが小分けに頼んだ方が良いでしょうか?いくら以上は関税が掛かる等、決まりはあるのでしょうか?

    AUD1000以下はeBayでは決済時にGST10%が自動徴収されて関税についてはかからないと私は考えていましたが、実際にはどうなのかは確証はないです。

    関税については荷物を別送しても同時期のものなら税関で全ての荷物を合算した金額をもとに計算される可能性もあります。

    オーストラリアのGST (付加価値税)については下記のeBay japanのサイトに詳しく記載あり。
    https://ebay.co.jp/info/announcement-gst_20180604/

    いいね!
    読み込み中...
    #18478返信
    まりあ

    イチえもんさん

    ご親切に教えてくださり、ありがとうございます!
    注文する前にわかり、命拾いしました。2−3万円も取られてしまうのですね。
    こちらで買うより安いので沢山欲しかったのですが、大損するところでした!

    それに、同時期に送ったものは合算されるとは。
    全て記録に残るのでしょうか。。。
    1週間おきに購入してもダメでしょうか。。。(しつこくすみません💦)

    購入先はebayではないのですが、AUD1000以下も10%は掛かるのでしょうか?
    ご存知でしたら教えてください♪

    いいね!
    読み込み中...
    #18481返信

    それに、同時期に送ったものは合算されるとは。
    全て記録に残るのでしょうか。。。

    関税を避けるために分散発送する人に対しての税関側の対応策として合算された人もいるという話で、必ず合算されるかはわかりません。

     

    購入先はebayではないのですが、AUD1000以下も10%は掛かるのでしょうか?

    eBayやAmazonなどの規模の大きなネットサイトだとAUD1000以下の商品に対してサイト上の販売時にeBayやAmazonなどが代理徴収しオーストラリア政府に納税する仕組みです。

    個人事業レベルの小規模サイト(年商AUD75000以下)ならGSTの事業登録が必要ないのでAUD1000以下なら販売時にGSTが課税されないのではないかと思います。
    私の認識間違いもあるのでそちらのサイトに確認した方がいいとは思いますが。。

    いいね!
    読み込み中...
    #18482返信
    にゃ

    オーストラリアは原則としてすべての輸入商品に対してGSTの支払いが必要です。

    免税はされないことになっています。

    金額によって納税方法などが違うだけです。

     

    AUD1000以下

    登録事業者からの購入の場合、支払い時にGSTも支払う。

    GSTを支払った場合、支払いを証明するコードが発行される。

    GST支払いを証明するコードが入力されていない場合、現地で課税されることになっている。

    現地で課税の場合、通関手数料も請求される可能性が高い。

    通関手数料はラベルごとなので、発送を分けると通関手数料を多く支払うことになる。

     

    AUD1000以上

    現地でGSTおよび関税、通関手数料を支払う。

     

    課税については税関が判断する。

    通関手数料は輸送業者によって決まる。

    いずれにしてもGSTは必ず支払うと思っていたほうが良い。

     

    高額な物品を輸入する場合、必ず現地の税関に確認をする。

    素材などで通関しないものもあるので、輸入者の責任として必ず確認をしてから購入する。

     

    いいね!
    読み込み中...
    #18483返信

    コロナ以前は私も自社サイトでオーストラリアへ販売してたんですが、その時はABN無記載でも現地でGST課税されてないようでした。

    見過ごされてたのか、それとももしかすると実は課税されていたのか、、結構な数を発送してたのでクレームがありそうなもんですがなかったのでGST課税されていないもんだと思ってました。

    ebayセラーでもGST支払い済みなのにABNを書くこと知らずにオーストラリアにずっと発送を続けてたけど、気付くまで一度もクレームなかった、って言ってたので実際はオーストラリア税関ではAUD1000以下はABN無しでもGSTをスルーされている可能性は高いですね。二重課税になればさすがにバイヤーからクレームは来そうなもんですから。

    ただ、ルールとしては現地課税されるのなら運次第になりそうですが。。

    いいね!
    読み込み中...
    #18484返信
    にゃ

    課税については最終的には現地の税関が決めることになります。

    現地でどのような処理がされているかは全くわかりません。

    スルーされているような雰囲気はあるのですが、そこに期待してはいけないのでしょう。

     

    アンダーバリューが絡んできたりすると後々に厄介なことが発生することも考えられます。

    日本の場合には出荷人がアンダーバリューを行った場合、受取人が申告する必要があったと思います。

    商品を輸入する場合は自身が様々な責任を負うことになるので、直球で言ったほうがいいかな~と考えています。

    いいね!
    読み込み中...
    #18485返信
    にゃ

    直球で言った=直球で行った

    いいね!
    読み込み中...
    #18583返信
    まりあ

    ご返信遅くなり申し訳ございません。

    とりあえずAUD500の商品を購入し実験してみました。
    本日届きましたが、何も請求されず玄関前に荷物が置かれていました!
    配送業者はDHLではなくFEDEXでした。
    運が良かったのでしょうか??

    >イチえもんさん
    教えてくださりありがとうございました。
    販売時にGSTは課税されていませんでした。大きな会社のように感じますが、オーストラリアへの輸出が少ないのかもしれません。

    >にゃさん
    ご丁寧にありがとうございます。
    ラベルごとに請求なんて、分けて買おうという甘い考えは見透かされていますね💦
    通関手数料の相場はどれくらいなのでしょうか??

    いいね!
    読み込み中...
    #18585返信

    まりあさん

    販売時にGSTは課税されていませんでした。

    そしたら少なくともGST登録業者ではないですね。
    AUD1000以下なので関税も課税無し、現地でもGST課税無しってことですね。
    たぶんそれなら今後もGSTの現地課税はされないのではないでしょうか。いきなり取られ始めることもあるかもしれませんが。。

    いいね!
    読み込み中...
    #18588返信
    ぶん太

    もし話が的を得ていない場合申し訳ありません。
    FedExですが、荷物の受取時ではなく後日郵送で税金の払い込み用紙が送られてきます。(もちろん、課税された場合です)
    時期的には2,3週間後だったりします。税額が大きい場合のみ、(日本の場合は税額1万円を超える場合)は通関時にFedExから電話が来るので、クレジットカードの番号を伝えて決済します。(FedExアカウントをお持ちの場合は、アカウント払いも可)
    以前、FedExにこの方法が日本だけのものなのか尋ねましたが、他の国でも同様との事でした。但し、配達時に徴収する国もあるようです。
    当方の知り得る限り、DHLは100%配達時に税金を徴収します。(税の立替え手数料も少々お高め)
    UPSとFedExは事後請求の場合あり、但し配達時の場合もあるので、仕向け国やその他の条件によって異なる。という感じです。
    あくまで当方の経験に基づいた情報なので不正確だった場合は申し訳ありません。

    ちなみに、複数の荷物が同時に到着した場合、まとめて通関手続きされるという話なのですが、日本での話になってしまうので参考になるかどうか分かりませんが、一応追記させていただきます。

    郵便の場合、課税郵便物には例外なく荷物一件一件に対し、通関手数料がかかります。(200円) 但し、20万円を超える貨物を輸入する場合、輸入申告手続きが必要になり、一案件に6,500~12,800円の費用がかかります。(税関に出向くことができ、自分で通関手続きを行う場合は不要)この20万円ですが、同日に国際交換局に到着した荷物が複数ある場合、3個合わせて20万円とすることができます。
    但し、前日に届いた荷物があり、既に通関手続きが行われている場合、翌日に届いた荷物と組み合わせるという事はありません。
    これは私の憶測なのですが、国際宅急便の場合、既にサービス料金の中に通関手数料が含まれているので、複数の荷物をまとめて手続きするということはないと思います。また税金の立替え手数料も荷物毎に発生するはずです。

    いいね!
    読み込み中...
    #18598返信
    まりあ

    イチえもんさん
    いつもお付き合い下さりありがとうございます!
    このまま請求が来ませんようにと願うばかりです。
    まだ購入したいものが沢山ありますが、躊躇しています。

    ぶん太さん
    ご丁寧にありがとうございます!
    まさか後日請求なんというものがあるとは。
    きっと来ますね💦
    調べたところ、紙での請求の場合、別途料金が発生するとありました。
    請求されるならメールでも構わないのですが連絡をして変更したほうが良いでしょうか?
    また、請求が来るのかいくらなのか、FedExに聞いたら教えてくれるものですか?
    荷物が複数個口に分かれた場合、1箱ずつに手数料がかかるということで合っていますでしょうか??

    いいね!
    読み込み中...
    #18605返信
    ぶん太

    まりあさん、こんにちは。
    はじめてFedExから請求書が郵送されて来た時はビビりました。輸入からかなり時間が経っていたことに加え、ハイビスカスのスタンプが押してあったので、何事かと思いました。
    「紙での請求の場合の別途料金」は経験したことがないのですが、税金の立替え手数料はどのタイミングで支払っても逃れられません。
    通関時に支払っても、別送の払い込み用紙でも、荷物の受領時でも、前払いの場合も、立て替え手数料はかかります。
    Amazonのような大きいところだと、注文時に前もって税金を支払ってしまう事もできますが、この場合もやっぱり立て替え手数料はかかります。立て替えてないだろ、という突っ込みどころはありますが、とにかくかかります。
    FedExに電話したら、課税されたかどうかも含めいろいろ教えてもらえると思います。そこで拒否する理由もないですから。

    うちのオーストラリアのお客さんで、500ドルくらいで課税されたという話は聞いたことがないですが、輸入の頻度があがれば、課税される確率は格段に高くなると思います。
    輸入記録は配送業者で共有していないので、今回FedExで次はDHLで送られてくると課税されずに通関するかもしれません。
    結局のところ、個人で使うのか、商用なのか、というところが焦点になって来ますので、免税額の範囲でも、同じ物を沢山輸入していると課税されることはあります。(というか、商用の場合免税枠ってないんじゃないかな?)
    日本の場合だと、個人輸入(輸入者本人または同居の家族が使用する場合)はCIF(Cost Insurance and Freight)の60%に対し課税されることになっています。商用輸入(販売目的、友人へのギフト等々)はCIFの100%に課税されます。オーストラリアではどうですか?
    輸入頻度が上がると、割と小額のものでも課税されるようになる、個人輸入と認められ難くなる、非課税で通関する事が難しくなってくる側面はあると思います。

    >>>荷物が複数個口に分かれた場合、1箱ずつに手数料がかかるということで合っていますでしょうか??
    荷物毎に手数料がかかるはずです。ただ、2個口、3個口などとして手配されていたら、どうなるか分かりません。こういう形態で送られてきた経験がないので。

    いいね!
    読み込み中...
    #18623返信
    りんご

    こんにちは。
    以前投稿させて頂いたのですが、
    9月7日兵庫県発送、今日現在(10月14日)小型包装物の荷物がまた届いていません。違う地域の友達は北海道発の小型包装物3週間ちょっとで届いたようです。
    紛失してしまったのかとても心配です…。
    同じように1ヶ月以上届いていない方いらっしゃいますでしょうか?

    いいね!
    読み込み中...
    #18626返信
    にゃ

    オーストラリアの場合、GSTと関税を切り離して考えた方が良いかと思われます。

    関税はAUD1000以下は免税となります。

    GSTには免税がありません。(原則課税)

    AUD1000以下の商品を購入した場合、それがebayやAmazonであれば購入時に支払うことになります。

    しかし、購入時にGSTの徴収をしていない業者からの購入の場合に、オーストラリアの税関がどのように処理をしているかはわかりません。

    荷物の受け取り時に請求されているような雰囲気はないのですが、後日の請求を疑いなく支払っている可能性もあります。

    これは実際に何個も商品を受け取った当事者でなくてはわからないことです。

     

    本来は課税されると思っていたものが課税されない事例は非常に多くあります。

    特に国際郵便では頻繁に発生します。

    これは国際郵便の通関事情によるものです。

    そのため、クーリエで発送した荷物に対しての考え方のベースにはならず、また、同じ国際郵便であっても同様です。

     

    最も確実な方法は利用した輸送業者に確認することです。

     

     

    1 いいね!
    読み込み中...
    #18628返信

    りんごさん
    投稿内容的に下記のトピックの方がいいかと思いますので転載いたしました。

    オーストラリア宛て航空便小形包装物の発送状況

    いいね!
    読み込み中...
17件の投稿を表示中 - 1 - 17件目 (全17件中)
返信先: オーストラリア向けDHL発送の関税について   
あなたの情報: