Fedex/DHLの燃料割増料金を注視するトピック

タグ: 

28件の投稿を表示中 - 1 - 28件目 (全28件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #12564返信

    参考リンク
    Fedex燃料割増金ページ https://www.fedex.com/ja-jp/shipping/surcharges.html

    DHL燃料割増金ページhttps://mydhl.express.dhl/jp/ja/ship/surcharges.html#/fuel_surcharge

    WTI原油チャート https://chartpark.com/wti.html

     

    WTI原油チャートを元にFedEX/DHLの今後の燃料割増金の予想をしてみる。

    FedExの割増料金の9-11月
    9.5%から11.5%の範囲

    WTI原油価格の9-11月
    36ドルから42ドルの範囲

    上記からWTI原油価格の6ドルの幅でFedExの燃料割増金2%くらいのインパクトがあると想定できる。
    つまりWTIが3ドル上がると翌月くらいのクーリエ燃料割増金が1%上がる
    WTI 45ドル →割増金 13%
    WTI 48ドル →割増金 14%
    WTI 51ドル →割増金 15%
    WTI 54ドル →割増金 16%
    WTI 57ドル →割増金 17%
    WTI 60ドル →割増金 18%

    12/20現在はWTI原油チャートは49ドルまで急激に上昇してる。
    以前の予想では45〜50ドルのレンジで動くかな?と予想してたけど、勢い的には50~65ドルのレンジ相場の可能性もある。
    そうするとFedex/DHLの燃料割増金は15%~19%くらいになってしまう。

    いいね!
    読み込み中...
    #12641返信

    2020/12/23 WTI原油先物 46.34

    原油価格は50ドルの壁にぶつかって跳ね返された感じですね。
    43-49くらいのレンジ相場になる可能性が高くなってきたようで
    43ドルを切り下げるか、50ドルを切り上げるか、ってなるとどちらの壁も厚そうなんで、何か大事件がない限りは当分は燃料割増金は13%〜15%くらいなのかな。

    いいね!
    読み込み中...
    #13036返信

    2021.01.04の燃料割増金
    Fedex 13.50%
    DHL : 12.50%

    WTI原油先物 48.96ドル

    二度目の50ドル試し中。
    50ドルをぶち抜かれたら燃料割増金15%コースかな。

    いいね!
    読み込み中...
    #13083返信

    2020/01/06 原油価格が急騰してますね(-.-;)
    WTI原油先物 50.47ドル

    高値を切り上げてるので、更なる高騰が見込まれます。
    燃料割増金15%コースが見えてきました( ;∀;)

    いいね!
    読み込み中...
    #13219返信

    2020/01/14
    2月のDHLの航空機燃料割増料金が14%に確定しましたね。

    FedExも同程度にあげてくることもほぼほぼ確定でしょう。

    さらに悪いことにWTI原油はさらに高騰して53ドルまで上がっています。

    チャートを見る限りでは55ドルを超えてくると55~65ドルのレンジ相場になる可能性が極めて高くなって来てると思います。

    以前の予測を引用すると、、

    WTI 45ドル →割増金 13%
    WTI 48ドル →割増金 14%  今ここ
    WTI 51ドル →割増金 15%
    WTI 54ドル →割増金 16%
    WTI 57ドル →割増金 17%
    WTI 60ドル →割増金 18%

    上記の予測を同じ計算式で延長すると、

    WTI 63ドル →割増金 19%
    WTI 66ドル →割増金 20%
    WTI 69ドル →割増金 21%
    WTI 72ドル →割増金 22%

    つまり割増金が20%前後の水準まで上がる可能性も高くなってきた、ということになります。
    ただ、ここまで急騰してきているので、踊り場的に45~55ドルのレンジまで下がることも考えられます。
    その場合でも14~15%は近辺にはなるので10%だった時代からはかなり負担がデカくなるので送料の改定も考えるべき時期ではあると思いますね〜

    いいね!
    読み込み中...
    #13242返信

    FedExの燃料割増金もDHLに続き14%になりました。
    https://www.fedex.com/ja-jp/shipping/surcharges.html

    サウジアラビアが原油を積極的に減産してるので需要と供給のバランスで高騰しているのですが、
    近々上場予定の国営石油会社サウジアラムコの以上価値を高めるためらしいです。。

    人為的に原油を値上げしているだけで、実際にはコロナの悪化で航空機も飛ばず原油の需要は減少してるはず。
    サウジアラビアの経常収支が均衡する原油価格は1バレル=50~60ドル
    アメリカのシェールオイルも同程度って話を聞いたので、今後に70,80とドンドン上がっていくことはないんかな。
    チャート的にもそのくらいが上限のように見えますね。

    いいね!
    読み込み中...
    #13371返信

    FedEx燃料割増金 14.5%
    どんどん上がってますね。

    WTI原油は52ドル
    今は分岐点的で迷っているような相場です。

    いいね!
    読み込み中...
    #13561返信

    2020/02/02 WTI原油 54.08ドル
    少しずつですが上がってきています。

    この水準ですと、私の計算式ではFedExとDHLの燃料割増料金は16%の予想です。
    現在FedExは14.5%ですが、次週も上がって15%か15.5%になるのでは?と思います。
    そしてこのまま下がることがなければ来月には16%ですかねえ

    最終的に65ドルくらいまでは上昇する可能性はあると思います。
    65ドルだと燃料割増料金19%くらいになりますね。

    さてどうなりますやら

    1 いいね!
    読み込み中...
    #13642返信

    なんと、今週のFedExの燃料割増料金が下がっています。

    WTI原油相場は57ドルを超す勢い。
    個人的には下がる要素はないと思うので、、今までの計算式が崩れる感じですね。。
    次週の燃料割増料金に注目です。

    いいね!
    読み込み中...
    #13651返信
    wooty

    確定拠出年金を全額、原油を含む商品インデックスファンドで運用しているので、原油上がるともらえる年金額が増えます。これって、ビジネス分のマイナスを埋めるので、一種のリスクヘッジだと気づきました。

    為替も輸出ビジネスのリスクヘッジするなら、FXとかで円を購入しておけばリスクヘッジになりますよね。これって輸出企業なら普通にやっている為替変動リスクのリスクヘッジのような気が。

    いいね!
    読み込み中...
    #13653返信

    商品インデックスファンド運用でリスクヘッジできるのはいいですね。
    FXでリスクヘッジはちょっとめんどくさそうですが、理屈的には相殺させて固定レートにできますよね。
    円安に傾いて儲かることもあるので、なんかその時円転すればそれでいっかってなってますけど、ここ数年は円高傾向なんでヘッジした方がトータルではよかったんでしょうねえ。

    いいね!
    読み込み中...
    #13685返信

    FedExの燃料割増料金が15%に上がってます。
    原油価格は上がり続けているのでまあ上がるわな。。

    WTI原油は止まることなく上がり続け58ドルを超えてます。
    この価格帯は2019年のコロナ以前と同程度ですね。

     

    以前の私の予測計算式を引用すると、、

    WTI 45ドル →割増金 13%
    WTI 48ドル →割増金 14%
    WTI 51ドル →割増金 15%
    WTI 54ドル →割増金 16%
    WTI 57ドル →割増金 17% ←今ここ
    WTI 60ドル →割増金 18%

    しかし現実はまだ15%です。
    計算式は多少の時間差があるので3月くらいには17%って感じなのかもしれませんね。
    どちらにせよ私の考えでは70ドルを超えていくことはないと思います。。

    いいね!
    読み込み中...
    #13745返信

    WTI原油が60ドルの大台を超えてきました。

    65ドル辺りに強い抵抗線があります。
    私はそこを超えることはないと考えておりますが、、

    いいね!
    読み込み中...
    #13893返信

    FedExの燃料割増料金が今週より15.5%に上がっています。
    DHLも来月は15%で確定しています。

    WTI原油相場的には燃料割増料金17%くらいかな、と思いますが様子見で低めにしてる感じでしょうか。
    WTIの週足チャートでは下降の陰線で終わっていますので今週以降は下降すると思われます。

    下値の目処は50ドルちょいって感じですね。
    50〜60ドルの間を行き来するレンジ相場になるかもしれませんね。
    なので燃料割増料金13〜15%くらいが続くのかもしれません。

    いいね!
    読み込み中...
    #14080返信

    来週3/1からのFedExの燃料割増料金は16%です。

    イランへのアメリカの空爆の影響なのでしょうか、、WTI原油はもう一回65ドルを試しているような形ですが、前々から言ってるように65ドルの壁は超えるの相当きついと思います。

    意識されるのは61ドルのラインでここより下がると短期では下降に切り替わりますね。
    どうなりますかねえ。。

    いいね!
    読み込み中...
    #14180返信

    WTI原油、すぐに60ドルを切っていくかな、と思ってたけどなかなか粘ってます。
    私の予想ではすぐに55とかまで落ちるのかな、と思ってました。

    ここまで何度も65ドルを試す相場。。
    3/5のAM1時にも強力な買いが入って急騰。異常な上がり。。
    これイランとアメリカ、、、戦争??
    少なくとも何かの異常を示すサインとも取れます。65ドルを超えてきたら異常事態ですね。

    いいね!
    読み込み中...
    #14282返信

    Fedexの来週3/15からの燃料割増料金は16.5%です。
    順当に上がっていってますねえ。。

    まずは先週の原油の動きから

    65ドルの抵抗線を超えています。1時間足で67ドル後半くらいかな?

    まず65ドルと私が算出していた抵抗線の厳密な数値はいくらだったのかを調べておきましょう。
    65ドルってのは私がグラフ上から適当に算出した数値でしたので。。

    66.24ドルが2019年の最高値なのでこれが抵抗線の厳密な数値でした。
    1時間足では67ドル後半を付けた形跡がありますが、日足では66.24ドルを超えることができていないチャートになっています。

    なので「ビミョー」ですね。。
    超えたという実績は時間足のみ、日足ではなし。週足でもなし。
    なので市場では超えてないって判断になるのでしょうか。。
    超えたと判断されたら一気に上昇するはずですので。。

    これほど大きな抵抗線を簡単に超えていくことはないと思っていましたが、時間足レベルでも短期で一気に超えてきたのにはびっくり予想外です。
    来週の動きに注目ですね。

     

    一方、肝心な燃料割増料金ですが、、

    以前の私の予測計算式を引用すると、、

    WTI 45ドル →割増金 13%
    WTI 48ドル →割増金 14%
    WTI 51ドル →割増金 15%
    WTI 54ドル →割増金 16%
    WTI 57ドル →割増金 17%
    WTI 60ドル →割増金 18%
    WTI 63ドル →割増金 19%
    WTI 66ドル →割増金 20%
    WTI 69ドル →割増金 21%
    WTI 72ドル →割増金 22%

    DHLの燃料割増料金は1ヶ月前の数値で換算されることを考慮すると3月初旬は60ドルを超えていたので4月の燃料割増料金は17~18%になる可能性が大きいと思いますね。

    今のとこ、私の考えでは2021年は16〜19%くらいでウロウロするのではと考えています。
    うちはそれくらいで燃料割増料金を換算して送料をもう値上げしていますね。。
    どうなることやら。。

    いいね!
    読み込み中...
    #14418返信

    Fedexの来週3/22からの燃料割増料金は17%です。

    現在のWTI原油相場は61ドル

    私の予測計算式
    WTI 54ドル →割増金 16%
    WTI 57ドル →割増金 17%
    WTI 60ドル →割増金 18% ←ココ
    WTI 63ドル →割増金 19%
    WTI 66ドル →割増金 20%
    WTI 69ドル →割増金 21%
    WTI 72ドル →割増金 22%

    もうすぐDHLの4月の燃料割増料金が出ると思いますが、17か18%なんかなあって思います。

    WTI原油相場の月足チャートは、

    61ドルより下で3月を終了できれば上髭の長い陰線になって下降相場サインになります。
    なんとか61ドルより下で終わって欲しいですねえ。。

    いいね!
    読み込み中...
    #14520返信

    Fedexの3/29からの燃料割増料金は16.5%です。
    先週から0.5%下がりました。

    DHLサイトはいまだに来月の燃料割増料金を掲載していません。。
    流石に今日中にはアプデされるか。

    現在のWTI原油相場は60ドルくらい。
    月足のチャート

    あと3月はあと3日あるけど、このまま月足が髭長の陰線で終わるといい感じの下降トレンドのサインですね。

    1 いいね!
    読み込み中...
    #14523返信
    ルーセント

    スエズ運河で船引っ掛かんなよー。

    いいね!
    読み込み中...
    #14563返信

    DHLの4月の燃料割増料金がいまだ更新されず。。

    おーーい、忘れとんちゃうか〜

    いいね!
    読み込み中...
    #14567返信
    メアリー

    4月の燃料サーチャージは、16.5% ですよ。営業さんからメールでお知らせいただきましたhttps://mydhl.express.dhl/jp/ja/ship/surcharges.html#/fuel_surcharge

    1 いいね!
    読み込み中...
    #14572返信

    メアリーさん
    ありがとうございます。
    私が利用しているページは未だに更新されていないので、少し様子をみて改善されないようなら、今後メアリーさんのリンクを利用させていただきます。

    いいね!
    読み込み中...
    #14711返信

    Fedexの4/5からの燃料割増料金は15.5%です。
    下がりましたね。
    DHLは16.5%です。

    WTI原油チャート 月足

    月足で上髭の陰線が出てますので下降の気配ですね。
    まあ原油産出国によって強引にあげられた相場なんで、一気に下がることはないと思いますが。。

     

    いいね!
    読み込み中...
    #16026返信

    久しぶりに原油価格の現状を確認しようと思います。
    私は今年4月上旬には、もうこれ以上は原油価格は上がることはないだろう、すぐに下がっていって60ドル以下でウロチョロする感じになるだろうとあたりをつけていました。

    その予想が外れそうな相場になってきています。
    現在のWTI原油価格 68.61ドル!!
    2019年の最高値66.24ドルを超えてきた、、ということです。

    たった2ドルって思うかもしれませんが、少しでも超えたのは相場心理的に大きな要素です。
    つまりここからさらに原油価格が上昇していく可能性がかなり高くなりました。
    もちろん原油価格が上がればFedex/DHLの燃料割増料金も比例して上がっていきます。

    次の高値の抵抗線は2018年の74ドルくらいです。

    74ドルまで上がるようなことがあれば燃料割増料金も20%くらいまで上がるのではないでしょうか。。
    74ドルをもし超えていけば次は簡単に2013年の最高値の100ドル近くまで上がる気がします。
    100ドル超えてるなら25%とか燃料割増料金とかになるのかもしれませんね。。

    とにかく、原油相場かなり悪い状況です。
    恐ろしい。。

    いいね!
    読み込み中...
    #16029返信
    wooty

    海外では随分コロナ落ち着いてきているようなので、多分経済活動の再開(特に航空需要)を見込んで上げいるのかなぁって感じです。まだ、上昇基調は続くのでは。

    いいね!
    読み込み中...
    #16617返信

    Fedexの燃料割増料金は17.5%です。
    DHLも7月は17.75%。

    上がってきましたね。WTI原油の上昇からクーリエの特別割増料金の上昇まで1ヶ月くらいのタイムラグがあるのを考えると、特別割増料金はまだ上がりそうですね。

     

    WTI原油相場は73.05ドル

    74ドルくらいに2018年の最高値があるので、それを超えてくるともう抵抗線がなく100ドルまで一気に上がる可能性もあります。
    74ドルのラインは相当強い抵抗線ではありますが、相場のコントロールをサウジアラビア/サウジアラムコの思惑で動いている感があるので、簡単に超えてくる可能性はある。

    今はドル円相場が上昇してきているので、燃料割増料金の上昇を相殺できる感はありますが。。このまま20%まで上昇すると辛いですなあ( ´Д`)

    いいね!
    読み込み中...
    #18153返信

    燃料割増料金 9/13現在
    FedEx 19.50%
    DHL 18.75%


    燃料割増料金が上がり続けているので久しぶりに原油チャートを検証。

    色々忘れたんで自分の投稿を読み返して情報整理

    ①クーリエの燃料割増料金は1ヶ月前のWTI原油価格と連動しているっぽい

    ②以前の私の予測計算式
    WTI 54ドル →割増金 16%
    WTI 57ドル →割増金 17%
    WTI 60ドル →割増金 18%
    WTI 63ドル →割増金 19%
    WTI 66ドル →割増金 20%
    WTI 69ドル →割増金 21%
    WTI 72ドル →割増金 22%

    1ヶ月前の8月の原油価格は73ドルなんで計算式では22%になるはずだけど実際は19.5%。

    ずれてるんで計算式を再調整すると

    WTI 54ドル →割増金 15%
    WTI 57ドル →割増金 15%
    WTI 60ドル →割増金16%
    WTI 63ドル →割増金 17%
    WTI 66ドル →割増金 18%
    WTI 69ドル →割増金 19%
    WTI 72ドル →割増金 20%

    かなりアバウトだけど、これを元に推測。


    チャートだけ見るとすごく簡単で私が引いた青の抵抗線で下降トレンドに入ったはず。。

    だけど、気になるので8月の陰線が異様な形で下まで行って月末にグッと戻している形になっている。

    通常だと下降トレンドに入ったら利益確定組が持ち玉を売り出して一気に下降する流れになる。

    高値を維持させようというなんらかの力が働いているのかもしれない。

    通常で考えれば60ドルと74ドルくらいのレンジ相場になる可能性が一番高い。

    ただ先に説明した変な形があるのでもう一度74ドルくらいの高値をもう一度試す可能性もありそう。

    上げどめ状態ではあるので燃料割増料金は現在の19.5%よりガンガン上がっていくことは今のとこなく、来月は0.5-1%くらい下げるくらいなんかなあ。

     

    はっきり言って原油価格60ドルを超えて下げる可能性はかなり低い。

    60ドルで燃料割増料金17%くらい。高いねええ。。

     

    かなり乱文ですが、簡単な推測でした。

     

    いいね!
    読み込み中...
28件の投稿を表示中 - 1 - 28件目 (全28件中)
返信先: Fedex/DHLの燃料割増料金を注視するトピック
あなたの情報: